バナナを買って、暫く放置しておくと、すぐ、痛んで黒くなってしまいます。
そしたら、お腹を壊すのではないか?腐ってるのではないか?と捨ててしまう人が
多いと聞いたので、”とんでもない!!”むしろ黒バナナの方が栄養価も高いことを記事にしました。

腐る一歩手前のバナナは体にいい!

皮が黒くなったバナナは、自然に発酵した状態になっています。

皮が黒くなっているバナナは、バナナに含まれる炭水化物が、
消化酵素が行う分解がすでに半分くらいされている状態になっています。
食べる前に消化が完了しているので、体の中の消化酵素をあまり使う必要がなく、
消化にとても良い食べ物になっています

完熟バナナのPower


最近の医療の研究では、ガンを予防すると言うのが広がって来ています。
身近な天然の食材を使って、予防することで、薬のような副作用がなく、
日々の食生活にも取り得れやすいガン予防と言えます。

人が健康を維持するための力が、免疫力です。
その免疫力の要となるのが、病原菌と戦ってくれる白血球です。
白血球の栄養源となっているBRMという物質があります。

BRMは、ダイコンやキャベツ、キュウリなど淡色野菜、
海藻類、バナナやスイカなどの果物類、乳酸菌に多く含まれています。
バナナの中にはBRMがたくさん含まれていて、
体の防御機能をパワーアップしてくれることがわかっています。

さらに黒くなった完熟バナナは、BRMがさらに増えています。
普通の黄色いバナナは1日3本食べればガン予防に効果があると
されていますが、完熟バナナは、1日1本で済んでしまいます。

毎日黒くなったバナナを1本食べるだけなら、毎日続けられそうだし、
簡単にガン予防が出来てしまいますね。
何となく食べていたバナナですが、こんなにすごい力が秘められ
ていたんです。


完熟したバナナは、存在する炭水化物の三分の一から二分の一ほどが、グルコース(デキストローゼ)という最小の単位に変化しています。



バナナに関しては、完熟している場合、炭水化物の30%から50%ほどが、グルコース(デキストローゼ)という最小単位に変化しています。つまり、事前消化が半分近くも終了しており、とても消化の良い食べ物になっているのです。もちろん、買ってきたばかりのバナナも酵素が含まれていますが、完熟させた方がさらに消化の良い状態になっているのです。

糖分はどうなの?




バナナの糖質は、ブドウ糖・ショ糖・果糖の3種類の糖質がふくまれています。

黄色い状態のバナナは、ブドウ糖と果糖が6割でショ糖が4割、

黒い状態になるとブドウ糖と果糖が9割、ショ糖が1割になります。

肥満に影響するショ糖が減りますので、ダイエット中の方で栄養を摂るのは黒い場難がおすすめですね。

そして、オリゴ糖も10倍増加しますので、腸内環境にも良いのでうれしいですね。



寝てもつかれが取れない・飲酒すると2日酔いが多くなった。

そんな方は黒いバナナが適しています。



黒いバナナは、酵素の量も黄色いバナナにくらべ増量するので、代謝酵素の補充にも

適しています。



是非、黒いバナナを捨てていたあなた、見直してみてはいかがでしょうか

この記事を書いたユーザー

浜岡ちい このユーザーの他の記事を見る

はじめまして、タレントシェフ 浜岡ちいです。食べることが好きで色んな場所やお料理を番組やSNSやブログをとおしてお伝えしています★現在タレントシェフ・モデル・女優・歌手としてマルチに活動中です。よろしくお願いします

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス