機種変更するなら、今iPhone SEに変えるのと、iPhone 7を待つのと、どっちが懸命か?

今年、Appleが初めて画面サイズがダウンする機種iPhone SEを発表した。圧倒的なパフォーマンスで、iPhone 5sと同じ4インチのディスプレイを搭載したiPhone SEが登場したばかり、ユーザーたちに大歓迎された。
一方、2007年に初代iPhoneがデビューして以降、アップルのiPhoneは1年に一度9月から10月くらいに最新フラグシップモデルが発売される。つまり、今年後半にはもう一つのiPhoneとなるiPhone 7の登場が見込まれる。けれど、iPhone 5cの以降、始めて年に2種類のiPhoneが発表されて、iPhone 7とiPhone SEの違いとは?iPhone 7 iPhone SEどっちを買うべきか?iPhone7を待つ価値あるのかという悩みの声が相次いでいる。ということで、今回は最新iPhoneとなるiPhone 7対iPhone SE比較し、スペック・価格・仕様など、オススメはどちらか調べてみた。

超薄型iPhone 7、小型化設計のiPhone SE~iPhone 7 iPhone SEどっちがおすすめ

iPhone 7対iPhone SE比較したら、ディスプレイのサイズはやはり一番の違いである。
コンパクト設計のiPhone SEサイズが小さい。それに伴いディスプレイの大きさも4インチと小さくなっている。通話に使っても大きすぎないし、片手で操作しやすい持ちやすくて女性には大人気がある。iPhone 7は4.7インチディスプレイを維持したまま(iPhone 7 Plus:5.2インチ)、新たなディスプレイ技術が用いられて、従来のiPhoneよりも大幅に薄形化し、現行の6.9インチmm(iPhone 6 Plus:7.1 mm )から6.1mmとなり、iPod touch並みの薄さと言われている。
iPhone 7サイズは138.3*67.1*6.1mm、重さ114g(またiPhone 7ディスプレイサイズはiPhone6とiPhone6 Plusの中間的な立ち位置となることも言われる);iPhone SEサイズは123.8*58.6*7.6mm、重さ113g。コンパクト設計のアイフォンSE対アイフォン7比較、どれにするか?画面がiPhone5Sの大きさがよくて、少しスペックが落ちてもいいなら(と言っても6s相当)iPhoneSE。何が何でも最新型がいい!ということであればiPhone7。

iPhone 7とiPhone SEの違い~別々のデザイン

iPhone SE本体は引き続き金属製筐体を採用され、防水ではなく、防滴レベルに留まるものとみられる。ディスプレイの側面にも手に優しく、画面が少し広く見える湾曲が設けられる。
アップルのiPhone 7には左右画面のへりを完全に消しただけではなく、3.5mmのイヤホン端子もなくなり、Lightning接続のイヤホンが同梱されると伝えました。またワイヤレス接続のイヤホンが用意されているという噂が流れていた。iPhone 7とiPhone SEの違いにはもうひとつの大きな変化は、iPhone SE背面、側面の上下にある2本のラインがデザイン的にどうなのかと不評だったが、iPhone7ではこの2本のラインがセンサーになる、とされている。

★ ディスプレイとカメラ~iPhone 7 iPhone SEどっちがいい?

iPhone 7:4.7 インチ有機EL(AMOLED)ディスプレ、1920X1080ピクセル、401 ppiiPhone SE:4.0インチRetinaディスプレイ、1136 x 640ピクセル、326 ppi
iPhone 7対iPhone SE比較し、今回iPhone7はサファイヤガラスを液晶パネルの保護カバーに全面採用し、従来のものよりも薄くなったうえに強度が高めらる。ゴリラガラスより傷つきにく、耐圧性能も更に優れて、水に濡れた指で触っても感知することが分かっている。またiPhoneの組み立てで知られる台湾フォックスコン社が、中国にパネル新工場の設立していて、iPhone SEで見送られたサファイアガラス製パネルが、次世代の「iPhone7」に搭載濃厚になった。
iPhone 7:光学3倍ズームのデュアルレンズカメラ搭載;写真の綺麗さがより向上iPhone SE:前面カメラ120万画素;背面カメラ1200画素数~4K動画撮影

長い間に不評をかってカメラレンズが出っ張っているデザインが今回一新!アイフォンSE対アイフォン7比較し、共には突起していたカメラが本体と同一化する。デュアルレンズ&デュアルセンサー仕様のため、iPhone 7背面のメインカメラは2つのレンズが並んで配置され、更に新しくなったTrue Toneフラッシュを2つ搭載して、画質をデジタル一眼レフカメラレベルに引き上げるようだと伝えている。特に2015年、Appleがイスラエルのカメラセンサー技術開発企業「LinX Imaging」買収した、そのデュアルレンズカメラがiPhone7に搭載濃厚になった。

★ iPhone 7とiPhone SEの違い:バッテリー駆動時間~

一般的には、ボディがより薄くなるほどスマホのバッテリー容量が減量されるようになった。ディスプレイの画質がより高くなるほどバッテリー駆動時間も短くなるようだ。けれど今回のiPhone 7ではこの古いしきたりを打ち破るかもしれない。さらなる薄型化が可能となる上に、バッテリー容量も増量される可能性が浮上している。iPhone 7対iPhone SE比較して、iPhone 7のバッテリー容量はSEの1600AmAhから3000mAhまで増加するとのことで、iPhone SEより長持ちさせる。
またiPhone7はワイヤレス充電が対応する可能性もある。因みにGalaxyもワイヤレス充電に対応できる。Samsungに対抗するため、アップル社はiPhone7のワイヤレス充電にも力を入れることを期待している。

★ 価格対戦!iPhone 7対iPhone SE比較~コスパがいいのはどっち?

iPhone 7が出てきて SEの本体価格は安くなるのか?iPhone 7価格は現行の6sより高くなるのか?iPhone7は2016フラグシップモデルとして、A9チップより速いA10プロセッサーと光学3倍ズームのデュアルレンズカメラ搭載するから、最新型なのでより高値で売れると予想できる。間違えなく、iPhone 7価格がSEより更に高くなる。
一方、iPhone SEはiPhone 6sとほぼ同じスペックで価格やすいから、いかに、iPhone SEのコスパが高いだろう!けれど大画面を使い慣れたユーザーにとって、4.7インチのiPhone SEに乗り換え難い。小型化のディスプレイで動画やゲーム、電子書籍などをメインで閲覧するなら、目が疲れやすくなる。勿論片手で楽に操作したい人iPhone SEはまあよい選択肢といえよう。それに料金からの圧力も受けない。iPhone 7 iPhone SEどっちを選ぶべきか?最後には、店頭にiPhone 7対iPhone SE比較してみたらいいと思いう。その違いに納得できた方を購入してください。

この記事を書いたユーザー

デルタ・ユートピア このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • おでかけ
  • テレビ
  • ゲーム
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら