BMC-12が2017年の早い段階でアメリカテキサス州で販売されるそうです。価格はおよそ1100万円。映画で初めてこれを見たときはやっぱりかっこいいというか憧れました。私もこれにのってタイムとラベルしてみたいなと思ったものです。

もし乗れたらどの時代に行こうか、過去か、それとも未来か、はたまた両方かとかいろいろ想像をめぐらせて友達とよくはしゃいでいました。そのテレビの向こう側にしかなかったあの車を買おうと思えば買えるっていうのは大きいです。

ただこの車、エアバッグがついていないので、安全面の法律の関係で日本では道路を走行できない可能性があるのが残念なところです。テキサス州では新しく施工される規制が通ると走れるようです。うーん、羨ましい。これでは購入して日本に持ってきてもバック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマ曲をガンガン鳴らしながら走れないじゃないですか。

あと劇中で使用されている次元転移装置やホバーコンバージョンはついていないとのこと、無念・・・。
「道だぁ?そんなものこの車には必要ないのだよ」
とか言いながらタイムスリップしてみたかった。そしてスポーツ年間でも買って稼いでみたかったのに。

ちなみにこのデロリアン、年間50台生産で計300台程度生産予定だそうです。タイムスリップできないのは残念だけど、それでもとりあえず欲しいって言う人は早めに資金を工面したほうが良さそうです。

この記事を書いたユーザー

hagi2016 このユーザーの他の記事を見る

気紛れゆえアップする日記に温度差があると思いますがそれは愛嬌として暖かい目で読んでもらえたら幸いです。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら