熊本、大分両県で4月14日から続発している地震で、現在避難生活を余儀なくされている方は20万人と言われています。

そして、熊本県内のコンビニやスーパーには商品がほぼ何もない状態で、避難所でさえ物資が行きわたらず、深刻な物資不足の状況へと陥っています。

そんな中ようやく、熊本市より「支援物資の送り先」が正式に公開されました

■地震に関する支援物資の搬送について

熊本市の支援物資の送り先

出典 https://twitter.com

〒861-8012
熊本市東区平山町2776
「うまかなよかなスタジアム(熊本県民総合運動公園陸上競技場)第3ゲート」宛て

問合せ先:地域政策課(電話 096-328-2031)

※この場所へ取りに行っても物資は貰えません。ここから避難所へと分けて届けられるとの事です。

南阿蘇村への支援物資の送り先も公開

出典 https://twitter.com

〒869-1411
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰145-3
「南阿蘇村役場」宛て

こちらはまだ届かない確率もあるようですが、送るならばコチラへだそう。

■必要物資について

長期の避難生活に必要なもの

・飲料水・アルファー米(断水のため炊飯ができません)

・カップめんなど保存ができる食料品
・ウェットティッシュ
・おしりふき
・生理用品
・紙おむつ(大人用、子ども用
・トレットペーパー
・粉ミルクなど

※生ものや傷みやすいものはご遠慮ください。

出典 http://www.city.kumamoto.jp

民間の配送業者では交通事情により配達できない場合がありますので、しっかり確認したうえで、物資の発送を行いましょう。

■直接物資を持ち込む場合

もし直接物資を持ち込まれる方は、熊本県内の市区役所や各地の避難所に運び入れてることになると思いますが、避難所の場合は特に、避難所が閉鎖されていないか、事前に確認して向かってくださいね。

■県外から運ぶ前に、お住まいの市町村に確認したい事

お住まいの地域によっては、市町村が集めて届けてくれるケースもあり、現在は福岡市などがすでに実施。昨日から物資の受け入れを始めています。

出典 https://twitter.com

こちらは福岡市、大名小学校の様子ですが、物資の受け入れは昨日から始まりました。「水のクラス」「おむつのクラス」など、教室ごとに種類を分けながら受け入れています。

出典 https://twitter.com

受け取る段階から仕分けをしていたのが大成功で、集まった物資・第1陣は昨日すぐに福岡市消防のヘリで運ばれました。残る他の物資は今朝10時までには発送完了。個人で行うよりも自治体の方が確実で安全、そして迅速です。

今後そういった市町村が増えると思いますので、熊本県外の方で、現地まで行こうと考えてらっしゃる方は、まずご自身の住む市町村へ問い合わせてみることをお勧めします。

■最後に、スザンヌが発信した「物資支給状況」が深刻です

地震が起こった当時、スザンヌさんは福岡にいて、熊本にいるご家族も皆さんご無事でした。本当に良かったです。そして、「現地の生の声」を伝えます。

⚫︎東区(東町小学校)
物資 全くなし 水、食料、共に不足
⚫︎大津(大津町公民館)
→ 給水、炊き出し、支援物資なし
共特に食料不足深刻
⚫︎北区(熊本北高校)
深刻な水不足、給水、配給 共になし
⚫︎嘉島町体育館
→食料不足
⚫︎琢磨東小学校
→水、食料共に不足している。
⚫︎宇土文化会館
→物資は来ている、しかし食料は全員には行き渡らず水は圧倒的に不足している。
宇土周辺は隆起と液状化が発生しているため、車両が近づきにくくなっている。
⚫︎熊本大学
→配給は行われているが、十分ではない。
⚫︎大津スポーツの森
→ 給水あり、炊き出し支援物資なし 特に食料不足
⚫︎立花、砂土原周辺
渋滞や瓦礫の影響で避難場所へ行けていない、
⚫︎宇城の松橋避難所
→食材等不足

出典 http://ameblo.jp

これを見ると、物資が全くない所や、深刻な水不足が発生している避難所が複数ある事がよく分かります。中には「避難場所まで行けていない」地区も。とても深刻な状況です。

必要なものが、必要な方へ、きちんと届けられますことを、切に願うばかりです。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら