天の神は一つの国を興されます。
  この国は永遠に滅びることはない。ダニエル書2:44

 預言者ヨハネの手紙:
私は、天で大きな声が次のように言うのを聞いた。
  「今や、我々の神の救いと力と支配が現れた。
    神のメシアの権威が現れた。」黙示録12:18

        (ローズンゲン日々の聖句4/18;月)

 バビロンの王、ネブガデネザルが夢の中で見た巨大な像(ダニエル2章)。
その像は、頭は純金、胸と両腕とは銀、腹とももとは青銅、すねは鉄、足は一部が鉄、一部が粘土だったのだそうです。
そして、一つの石が人手によらずに切り出され、その像の鉄と粘土の足を打ち、これを砕いたのだそうです。

ダニエルをとおしての解き明かしによると、その部分は、それぞれ、ネブカデネザル王のバビロン、次におこるメディアとペルシャ、第3の王国ギリシャ、そして第4のローマ帝国を指すようですね。

 そして、この王たちの時代に、天の神は一つの国を起こされるのだそうですね。
永遠に続く国を。

 世界の歴史はこの預言のとおりに進んで、それから600年余り後の西暦紀元30年頃のこと、ちょうど、扇風機の羽をつなぐ軸の部分のように、アジアとヨーロッパとアフリカ大陸をつなぐ地、イスラエル、その首都エルサレムでローマ兵により、一人の男が十字架刑で処刑されたのだそうです。

 それは、ユダヤの大事な祭り、過ぎ越しの祭の特別に大事な安息日の前日、金曜日のことで、十字架につけられたのは朝の9時頃、そして、息を引き取られたのは午後3時頃のことだったそうです。

 この男が、息を引き取るとき「すべてが終わった」(ヨハネ19:30口語訳)と言ったのだそうです。
「すべてが終わった」、「The End」、これでおしまいのはずだったのです。
パウロがⅠコリント2:8で言っているように、この世の支配者はみんなそう思ったのでしょうね。

 ところが、これこそが、その預言の、「永遠に続く一つの国」の始まりだったのだそうです。
「すべてが終わった」は、「完了した」(新改訳)、「成し遂げられた」(新共同訳)であって、人間の救いのためにキリスト(救い主)がしなければならなかった手続きの全部がここに「完了した」、「成し遂げられた」ことだったのだそうです。

 マリヤを母として生まれた、ナザレ村出身のひとりの男、イエスの十字架刑での処刑によって始まった一つの国。
 イエスによって派遣されるもう一人の方。
「聖である霊」と呼ばれる方が受け入れる者の内に来られて、受け入れる者の心に「父である神」の、私たち人間の人一人に思っていらっしゃる御思いを書き付け、受け入れる者が「父である神」と同じ思いを思う、一つ思いになって生きるという、自由意思による、自発的な、愛による統治、永遠の神の国が受け入れる者一人一人に来る(ルカ11:20、エゼキエル36:25~28)のだそうですね。
今日も。

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス