地震などの災害発生時、即時に対応を求められる職種の方は多いと思います。あるツイッターユーザーの女性のお父様もそういった職種の一人のようで、地震発生から間もなく準備をして出勤。その後ろ姿がかっこいいと話題になっています。

■その写真がこちら

自衛隊員のお父さんの外出

後ろ姿がかっこよすぎます…

■このツイートには多くの反響が

感謝しかない

お仕事とはいえ、本当に頭が下がります。

もっとよく考える

普段の生活をもっと頑張ろうと見直す方も。

背中がかっこいい

働く男の背中…って感じですね。

自衛官の家庭では当たり前の風景

ほかのお宅の写真も

こういうと事態が発生して、あらためて感じるありがたさ。

■今後、さらに多くの方が現地に派遣される

自衛隊員の派遣規模を約3100人から約1万5000人に拡大し、18日までに2万5000人に増強する。警察官や消防隊員の派遣も大幅に増やし、救助・救援活動を強化する。

県外からの応援部隊として警察が約2400人、消防は約2000人が現地入りしていると明らかにした。また、被災者の3日分の食料として90万食を現地に送る準備に入った。

 防衛省では、大規模災害時などに陸海空の自衛隊を一元的に指揮する「統合任務部隊」を編成した。中谷防衛相は16日、米軍の支援受け入れを検討する考えも表明した

出典 http://www.yomiuri.co.jp

自衛隊員だけでなく、警察官や消防士の方など、多くの方が派遣される予定です。

陸上自衛隊の災害派遣に関する情報

出典 http://www.mod.go.jp

こちらを見ると、地震だけではなく、大雪や豪雨など様々な災害に派遣されて活動される陸上自衛隊の様子を見ることができます。ニュースなどで派遣される映像などを見ても、普段はなんとなく見過ごしてしまう方も私を含め多かったと思います。

私たちの生活を、縁の下から守りってくれている自衛官のみなさんのことを知るいいきかいですので覗いてみてください。

もちろん、自衛官の方や、警察・消防の方のように現地に向かうわけでは無いものの、政治家の方、インフラ関連の方、報道に携わる方など、多くの方々が見えない所で頑張ってくださっていると思います。本当に感謝です。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス