野球大国のファンの目は肥えている

今年中にも大リーグ通算安打が3000本に到達しようとするイチロー選手ですが全盛期の活躍は素晴らしかったですね。特に長い間破られなかったシーズン最多安打を破った時は最も充実していた時だったかもしれません。
筆者もその瞬間は嬉しくて仕方がありませんでした。
野球大国のアメリカの人はどこか日本の野球を下に見ているという気持ちがずっとありました。でもイチローや野茂投手はそんな偏見を覆してくれたのです。
今では多くの日本人プレイヤーがメジャーリーグで活躍するようになってきました。しかし客観的に見てメジャーリーグと日本の野球にまだ差があるのは事実だと思います。
選手の層の厚さがかなり違うと思います。
それとファンの応援の仕方も違うと思います。
自分の応援するチームだけでなくて敵のチームであってもいいプレーがあれば素直に拍手をするケースが多いと思います。
イチローが1920年にジョージ・シスラーが作ったシーズン最多安打を破った時も味方チームのファンだけではなくて敵チームのファンも拍手をしてくれました。



出典 YouTube

敵チームのファンだけでなくてジョージ・シスラーの娘さんも観戦して新記録達成の瞬間を見届けてくれました。
記憶に間違えなければシスラーさんの娘は「イチローのような好青年が父の記録を破って父もきっと喜んでくれている」と言ったようなコメントをしたと記憶しています。
シスラーさんの娘さんの人間性は素晴らしいですね。
日本のプロ野球もいいプレーには敵味方関係なく拍手を送って欲しいと思います。
俳優の高倉健は言ったそうです。
「拍手されるより拍手する方がずっと心が豊かになる。」
いい言葉ですね!
筆者もそうありたいと思っています。

この記事を書いたユーザー

富夢 このユーザーの他の記事を見る

はじめまして!
ここでは富夢というハンドルネームで記事を書かせてもらっていますが「マサ」や「ありがとう工房」の著者名で絵本もキンドルストアやインターネットの創作サイトで公開させてもらっています。
多くの人が絵本や漫画を気軽に公開出来たらいいと思い、フリープログラムを提供しています。
http://drawing-bookstore.com/mywork/
宜しくお願いします

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス