記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
こんにちは。心理カウンセラーの今井さいこです。

自分の本音をぶつけ合える仲間を見つけることが難しい妊活は、孤独感を感じやすい環境に身を置いているともいえます。
インターネット上やリアルで妊活仲間を見つけても、「誰かが妊娠する」ことでなんとなく気まずい関係に発展することも少なくありません。

そんな妊活期に感じる「孤独感」に対するメンタルケアについて、今回はお話します。

妊活中に感じる「孤独感」その原因は?

毎朝決まった時間に測る基礎体温、妊活に効くと言われるサプリメント選び、婦人科系疾患、仕事との両立、不妊治療費の捻出、不妊治療のやめ時…

妊活中の悩みは尽きることがありません。

「こんな時、誰かの意見が聞いたり、悩みを打ち明けられたらな。」

このように感じる妊活WOMANさんもいるのではないでしょうか。

恋愛や人間関係、仕事の悩みは周囲に相談できる方でも、同様に妊活をカミングアウトすることができる妊活WOMANさんはまだまだ少ないと感じます。
また、妊活はとてもプライベートな内容を含むので、身近な人にほど相談しづらい、という声もよく聞きます。

そう、妊活はプライベートなことなのです。
この「プライベートな悩み」という点こそが妊活WOMANさんを孤独感へと追いやる原因なのです。

孤独感の原因をさらに探る

「妊活がプライベートな悩みであることが孤独感へと追いやる原因」と先ほど述べました。

ここで、もう一歩踏み込んでご自身の孤独感を掘り下げてみましょう。
どういうことかというと、「何をプライベートな悩み」と捉えているのか、ということです。

・自分の身体についての悩みであること
・夫婦関係についての赤裸々な告白となること
・自分の価値観や考え方をさらけ出すこと
・嫉妬や焦りなど自分のネガティヴな面を見せること

など、よく考えてみるとほとんどがこの4つに分類できることと思います。

ここで出てくる項目によって、メンタルケアの対策は変わってきます。なので、しっかりと自分の心に聞いて、考えてみましょう。

孤独感に対するメンタルケア

前項で掘り下げた項目が、「身体に関すること」であった場合(具体的には、婦人科系の疾患や病気、生理不順、不正出血など)、信頼できる専門家に相談をすることが一番の解決策になります。

インターネットで闇雲に情報を探しても、それが本当に自分の身体に当てはまるのかはわかりません。信頼できる専門家とつながることで、身体的な不安が取り除かれれば心も落ち着くでしょう。

「夫婦関係についての赤裸々な告白であること」や「自分の価値観や考え方に関すること」である場合、私のような心の専門家に相談をすることが一番の解決策になります。
インターネットなどの公の場でこういったことを相談すると、様々な考え方の人がいるので、時に否定されたり攻撃されたりして、さらにストレスを感じたり、悲しい気持ちになることがあります。
これでは悪循環ですよね。
自分のこと、夫婦のことを客観的に見る視点を養い、その時々での一番良い策を導き出すことでメンタルケアができるようになります。

「嫉妬や焦りなど自分のネガティヴな面を見せること」である場合、ネガティヴの度合いにもよりますが、妊活仲間とリアルな場で悩みを共有し合うことで心が軽くなり、メンタルケアにつながることがあります。

妊活中にネガティヴな感情を抱くことは、ほとんどの妊活WOMANさんが経験しています。
「私だけがこんな嫌な人間なんだ」と思うとが苦しくなる要因ですが、他の人も同じように感じることがあると知るだけで楽になれます。

ただし、自分以外の人に対して妬みを超えて攻撃的な気持ちがあるようなら、心の専門家に相談しましょう。
恐らく、そこまでの気持ちを共有するしあえる妊活仲間はそう多くなく、またその攻撃的な気持ちがストレスをさらに加速させている可能性があるからです。

≪自分のココロに耳を傾けたことはありますか?≫
自分の気付かないうちにココロがお疲れではないですか?【ココロお疲れ度】診断

Doctors Meを上手に妊活で利用しましょう

最後に、この『Doctors Me』を妊活の中で上手に利用して欲しいと思います。

一つの場でこれだけの専門家と繋がることができる機会はなかなかありません。
私が担当をする「心に関する相談」1つをとっても、複数の心理カウンセラーと繋がることができます。

専門家と繋がるメリットは、「専門知識の中から自分にとって一番良い解決策を教えてもらうことができる」ことです。
それはつまり、「解決までの最短方法」とも言えます。

孤独感で辛く悲しい思いをしているなら、1秒でも早くその位置から抜け出し、少しでも前向きに妊活に取り組めたらいいですよね。
自分を追い込む妊活ではなく、日々を充実させるための妊活となるよう、自分にあったメンタルケアをしていきましょう。


~心理カウンセラー:今井 さいこ~

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら