ケンジントンの一角に建つワイン・パブ「ヘレフォードアームズ」Hereford Arms

『コナン・ドイルゆかりのパブ』Hereford Arms in London

ヘレフォードアームズHereford Armsの創業は1800年代、英国の栄光の時代を創ったヴィクトリア朝時代まで遡る、という200年余の長い、そして、華麗な歴史を誇るパブとして知られます。そして、今現在も当時のまま、ヴィクトリア朝の優雅なインテリアで多くの人々を魅了していますが、ここはなんとあのあの“切り裂きジャック”がここを良く訪れ、店が自慢とするワインとフィッシュ&チップスを楽しんだとも噂されているのです。もちろん、噂は噂でしかなく、切り裂きジャックが訪れたということは信憑性の薄いお話です。でも、それもありという時代からケンジントンに建つ老舗パブなのです。

周辺は王族や貴族たちの住宅街が広がる一角。創業当時から客層は当時も今も変わらず、貴族はじめ有名・著名人を主とし、夕刻の店内には紳士淑女の姿でにぎわいます。

ロンドンで最も古い地区、シティ。ランチタイムをパブで過ごすビジネスマンたち

★スコットランドのキリミュア生まれの劇作家であり童話作家である「ピーター・パン」の作者として知られるサー・ジェームス・マシュー・バリー(Sir James Matthew Barrie,1860年5月9日~1937年6月19日)は、その中の一人でした。というのも彼はこのパブの隣人であったことで、店内は幼い頃から遊び場として馴染んでいた場所だったそうで、作家となったばかりの若かりし頃には、ここで終日を過ごし執筆に専念したと言われます。もちろん、これは噂話ではなく事実ですし、この先の話しも事実に基づいたもですので、信用なさって下さい。

King's Road のランドマーク的存在のお洒落なパブ。チェルシー・ポッター

お洒落な通りキングスロードという立地ながら伝統的な地元民のパブの雰囲気を残しています♫

切り裂きジャック(Jack the Ripper)は、ヴィクトリア女王時代、1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイースト・エンド、ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラにするという凶悪極まりない事件を起こしたという、連続発生した猟奇殺人事件の犯人の通称ですが、警察の必死の捜索にもかかわらず犯人の逮捕には至っていないのです。

また、そんな警察を小馬鹿にしたのでしょう、署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなどして、警察を侮るような行為もあり、世の中の注目を一身に集め、また、震撼とさせた凶悪犯なのです。その正体については現在までも繰り返し論議がなされているのですが、1世紀以上経っても今もなお犯人は特定できていないのです。一時は噂が噂を呼び、こともあろうに当時のヴィクトリア女王の孫に当たるクラレンス公アルバート・ヴィクターも期容疑者の1人とされていたこともあるのです。そして、そんな折に登場するのが、同時代に活躍していた推理作家コナン・ドイルでした。

コーチ&ホーシズ伝統的な料理も楽しめます♫

《常連客にシャーロック・ホームズの生みの親コナン・ドイル》

コナン・ドイルは皆さま、よくご存じの「シャーロック・ホームズ」シリーズに登場する史上最高の名探偵シャーロック・ホームズを生み出した作家で、エドガー・アラン・ポーとともに現代の推理小説の生みの親。当時も今も超有名人なのですが、彼もこのパブをこよなく愛し、常連客の一人だったのです。

切り裂きジャックもここを良く訪れたと聞いたドイルは、シャーロック・ホームズよろしく“切り裂きジャックの正体は「女装した男性」である”と推理したと伝えられます。

ロンドンにはこのように興味深い様々な歴史を持ったパブが点在しています。それもそれらの多くが、著名人の贔屓の店であり、200年近い長い歴史を誇るものばかり。老舗という一言で済ませるにはもったいないような、素晴らしい歴史を持つ店が街角の各所に点在するのです。そして、それらのすべてが、悠久の時を今に甦らせて、私たちを迎えてくれるのです。

切り裂きジャックが今に甦っても困りますが、でも、このような歴史を持ち、シックで豪奢なパブは古都ロンドンならではのものです。素敵ですね。

《註:文中の歴史や年代などは各街の観光局サイト、取材時に入手したその他の資料、ウィキペディアなど参考にさせて頂いています》

(旅行ジャーナリスト・作家 市川昭子著)

★画像・記事の転載・転用、ダウンロードはお断りいたします。どうぞよろしくお願い致します。

この記事を書いたユーザー

市川昭子 このユーザーの他の記事を見る

★旅行ジャーナリストとして長い間、公私共に海外の国々を訪れ取材し滞在。美術館巡りが好きで「ヨーロッパの美術館」など著書も出版。海外ガイドブック30冊以上(フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、オランダ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、ハワイ、アメリカ、香港、韓国、グアム、サイパンなどなど十数カ国のガイドブック)を取材し出版。★小説【あなたが生きた街】を出版。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス