地元企業と共に長期的視点で「二輪人口底上げ」に取り組むファインモータースクールが、大人から子どもまで楽しめるイベントを続けています。バイク好きはもちろん、免許がなくても楽しめるイベントとして今年で12回目の開催なんだそうです。

出典◎画像提供:ファインモータースクール

う12年も前から継続開催される「まるごとバイクフェスティバル」ということですが、多くの人にバイクを楽しんでもらい、同時に安全性の確保についても学べる機会を提供することが狙いだと言います。
2輪免許を取得する人の数って、毎年増減を繰り返しながら徐々に減少していたりします。バイクブームだった80年代後半に2輪車の販売台数はピークだったんですけど、そのころと比べると4割程度まで落ち込んでいます。
それでも東日本大震災の後には経済性や機動性の高い2輪車が注目され、特に被災地では生活のための移動手段としても見直され、3年連続で軽二輪登録台数は増加していました。
ただ残念なことに新車販売台数は昨年減少に転じてしまったのですが、一時的であっても増加傾向にあったということは2輪事故が増加する可能性もあるワケです。
そこでイベントを通じてバイクの新たな価値や魅力を伝え、楽しさだけではなく安全への意識も高めていってもらいたいという願いが開催の背景にあるそうです。

して当のイベントの特徴は試乗会中心の他のバイクイベントと異なり、2輪免許の有無や年齢、性別に関係なく、どんな人にも楽しんでもらえるような「見て・触って・体験できる」内容となっていることだそうです。
具体的には自分のバイクで特設コースを思いっきり走行して技術を磨く「チャレンジ走行会」、「車両・ヘルメット・パーツ・アクセサリー・ファッション・任意保険」に関する展示・販売ブース、多数のメーカーのバイクを集めた「体験試乗会」が楽しめます。
ほかにファインモータースクールが公式スポンサーを努めるトライアル国際A級ライダー本多元治選手による「ライディングアドバイス」&「デモ走行」、免許がなくても実際のバイクに触れたり・動かすことができる「レディース&ビギナースクール」、中長期的視点で将来の二輪ユーザーとなり得る子どもたち向けとして実際にミニバイクを運転できる「こどもバイク体験」もあるそうです。

お当イベントのFacebookページで、次々と決まっていく試乗車も発表されています。
そちらもチェックしてみてください。

あ、こんなに盛りだくさんな内容のバイク祭り的イベントです。
これは参加しない手はないんじゃないでしょうか。
イベント詳細は以下の通りです。
せっかくの機会です、ぜひ2輪の楽しさを体験してみてください。

プロライダーによるデモ走行

出典◎画像提供:ファインモータースクール

写真は昨年の同イベントのようすですが、トライアル国際A級ライダー本多元治選手の大迫力デモ走行は必見です!

【開催概要】
■日時:2016年4月29日(金・祝) 9:30〜16:00 ※荒天中止
■会場:ファインモータースクール上尾校
(住所:〒362-0011 埼玉県上尾市大字平塚596-5)
※来場無料
※イベントによっては参加に条件あり
■主催:ファインモータースクール
■共催:株式会社サイクルロードイトー、有限会社モーターランドエムエム、株式会社原サイクル、株式会社ハラダ、株式会社市川商会、株式会社島村工業、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、株式会社オークネット、株式会社菅生
■協力:埼玉オートバイ事業協同組合、キャンパルジャパン株式会社、公益財団法人JKA、ブリヂストンモーターサイクルタイヤ株式会社、SP忠男、株式会社ジャペックス、有限会社テクニクス、岡田商事株式会社、株式会社キジマ、有限会社オートスタジオスキル、グリップ商事株式会社、ピーシーアイ株式会社、埼玉県防犯・交通安全課、埼玉県警察(順不同)

この記事を書いたユーザー

Buono/隅本辰哉 このユーザーの他の記事を見る

二輪ジャーナリストとしてバイク&スクーター雑誌を中心として活動中。主に新旧スクーターに関する記事が専門。 とくにベスパを得意としていてベスパ関連書物などの出版もしています。なのでベスパを軸にスクーターやバイクのこと、ときには取材で出かけた食や遊びや旅のことまで書き記していきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ニュース

権利侵害申告はこちら