4月16日(土) 愛知県 名古屋 栄 SOUND BAR MIRAI

「和久井光司の「言わずに死ねるかッ!」ライブ&トーク in 名古屋」

出演:和久井光司/はまだ周平

ゲスト:ぶどう÷グレープ

START19:00 予約2000円 当日2500円 共に1DRINK付

毎月、 川崎 CLUB CITTA’ アティックにて行われている総合音楽家「和久井光司」の恒例イベントが遂に名古屋初上陸!!

記念すべき名古屋第1回目のゲストは、地元名古屋のみならず、イギリス、アメリカでも活躍中の「ぶどう÷グレープ」!

それぞれのライブもタップリの上 、和久井光司&永井秀彦(ぶどう÷グレープ・リーダー)&田中啓和(ぶどう÷グレープの所属レーベルTOKYO MOR主宰)による、東京~名古屋インディーズシーンについて語るトークショウや、 まさかのコラボ演奏まで!?

盛りだくさんの内容になります。是非ご参加下さい!


※ぶどう÷グレープ・プロフィール

モデルとしても活躍中のくみんこ÷グレープ(Vocal)、ザ・ショッカーズ、バケラッタetc・・長きに渡り音楽シーンを疾走してきたながい÷グレープ(Guitar、Vocal)を中心に、マツイ÷グレープ(Bass、vocal)、74÷グレープ(Synthesi zer)、タイチ÷グレープ(Drums)といったナゴヤの音楽シーンのツワモノどもによる、POPでキュートでキャッチーで、パンクでファンクでアバンギャルド!?な、唯一無二のスリリングなバンド☆2001年結成。2005年アルバム・デビュー。これまでに7枚のアルバムと1枚のミニ・アルバム、そして1枚のベスト・アルバム(アメリカのレーベルより発売)を発表。東京、名古屋、大阪等を中心にライブ活動を展開。

2007年にはリクルート社のCMソングを手掛ける。2008年にはアメリカツアーを実施。大成功を収める。同年、サエキけんぞうプロデュースによるクロード・フランソワのトリビュート・アルバムに参加し、日仏で同時リリースされる。2009年、東京MXテレビ系列番組「ドリーマー」のエンディング・テーマに起用される。2011年9月、ミドリ÷グレープ卒業、後任に74÷グレープ加入。更にバンドの勢いを加速させ、2012年、2013年とイギリスツアーを成功させた。2014年春、最高傑作の呼び声高い「アムステルダム」発売☆2015年3月より、CDデビュー10周年を記念して、iTunes配信限定で新曲を2曲ずつシングル・シリーズとしてリリース中☆

※和久井光司プロフィール

音楽家、作詞家、作曲家、プロデューサー、レーベル・オーナー、文筆家、など音楽に関わるもろもろに携わるという意味で、総合音楽家を名乗っている。

1980年にニューウェーブ・バンド、スクリーンを結成し、以後、モーメンツ、東京の人、和久井光司F.B.I、Bonzo Dog Tokyo Doo Dah Band、the BMW、和久井光司&セルロイド・ヒーローズなどで活動。

※はまだ周平プロフィール

総合音楽家である和久井光司さんの息子さん。

期待の若手!歌、演奏に関しては未知数であるが、加奈崎芳太郎(古井戸)には「殺すぞ、テメェ。」と言われ、窪田晴男(パール兄弟)にはボタン電池のおつかいを頼まれ、Panta(頭脳警察)にはノド飴を貰う。また青木孝明にはVoxのマルチエフェクターを買取ってもらうなど、多くの先輩ミュージシャンから可愛がられている。

ぶどう÷グレープ/きみの知らないうれしいいっぱい

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

TOKYO MOR このユーザーの他の記事を見る

音楽レーベルTOKYO MOR主宰。

得意ジャンル
  • 音楽

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス