地震の混乱に乗じてストーカーやDV加害者が人探しとTwitterで話題に!?

気をつけなければいけない事…。

上記のツイッターでも記載されていますが、地震が発生してすぐに、無事かとネットにわざわざ個人情報まで乗せて探すという方法は非常に危険ですし、まず、すぐにTwitterなんて事はせずに、普通は四方手を尽くすなり、混乱が収まるのを待ちますよね…。

ある程度混乱が収まれば、電話が繋がるはずですし…。

意外と簡単に個人情報は集めれる…?

こちらの記事でも書かせていただ来ましたが、ちょっとした情報から個人を特定し住んでいる場所なども特定できてしまう時代になっています。写真をTwitterに載せるなどする際は細心の注意が必要なのです。

災害が起こった時にまず気をつける事…。

まず気をつける事はSNSなどを利用して安否を確認する際は、相手とSNSでつながっていて相手が見て反応するレベルの物にするべきです。

初期段階で○○市○○在住の△さんは無事ですか等と拡散してはいけません。ただ、電話が繋がりにくいだけやちょっと忙しくて出れないだけかもしれません。

電話は最低限にする方が良い

私自身東日本大震災の際は、家族と連絡を取りたいのに遠方からの心配の電話が鳴り止まず、困ってしまいました。

できれば、家族以外にはLINEやメール等で連絡を取るようにする方が無難ですし、すぐに反応がないからといって連投したり、大丈夫と電話するのは迷惑になる可能性もありますので辞めておくほうが良いでしょう。

人の親切心を悪用する許されない行為

こういう地震などの非常時に、人の親切心などを踏みにじるこのような行為は悪質ですよね…。悪意を持って探しているわけですから勘弁していただきたいものですね…。

皆さんもストーカーなどの悪質な行為に加担しない様に細心の注意を払う必要がある事を頭の隅にでも記憶しておいていただけると幸いです。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス