蛭子能収さんの、ゆるゆる人生相談が大人気らしい

出典 http://www.amazon.co.jp

蛭子能収さんの、ゆるゆる人生相談が大人気との事です。
一見、ハチャメチャで緩く答えてるような感じのコメントばかりなのですが、一体何故こんなにも彼に相談したいと思う人が後を絶たないのでしょうか?
今回は、その魅力に迫ります。

勉強せず、漫画ばかり書く娘に心配する親へのコメントが痛快

Licensed by gettyimages ®

「いや〜これはですね、娘さんの思いを尊重してあげたほうがいいと思いますよ。漫画家になれるかどうかはわかりません。挫折することもあるかもしれません。でも、その経験も、いつかは役に立つかもしれないじゃないですか。なぜ、子どもが将来の夢を見ることを止めるんですかね。公務員だからかな。

 夢を持つことは大事です。それに将来◯◯になりたいと思っていれば、簡単になれるとオレは思っているのです。ただし、なりたいと強く思わない人は絶対に無理。正直、オレも漫画家になっても、最初は食べられませんでした。そこで、ちり紙交換やダスキンの営業をしていましたけど、漫画を描こうと、強く思い続けていましたから。なろうと思えば50%か60%ぐらいの確率でなれると思いますよ。

 ただ、オレはまったく勉強をしないで漫画家になったことを、今、すごく後悔しているんです。知識がないから、テレビ番組でまったく答えられない。とても恥ずかしいんですよ。だから、勉強だけはしたほうがいい、と娘さんに言いたいですね。

 それにしても『このままではろくな人にならない気がする』って頭が固いですね。あなたたちのほうが、ろくな大人じゃないですよ」

出典 http://jisin.jp

漫画家になりたい中学生の娘に悩む親に放った一言。
一見、適当なようで本当に大切な事に対しての核心には触れています。

出典 http://www.amazon.co.jp

蛭子能収さんの漫画も、世界観は非常に緩いスタンス。
しかし、蛭子能収さんだからこそ書ける緩さ。時折見せる少し悪い部分なんかも、彼の魅力ですね。

人生の目標は、死なない事

Licensed by gettyimages ®

「幼い頃からぼくは、『死なないことが人生の目的』だったんですよ。死んでからのことを考えると、ゾクッとします。死んだら、何もかも終わりだ、と。生まれ変わっても、次は他人として生まれてくるでしょう。だったら、生きているうちは自由に生きたい」

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

なんと、蛭子能収さんが人生で目的としてずっと生きてきたことは、漫画家になることではなく、死なない事といった、非常に緩いスタンス。
しかし、だからこそ何にも縛られることなく自分らしく生きていけるのかもしれませんね。

蛭子さんの格言が詰まった、日めくりカレンダーも大人気

出典 http://www.amazon.co.jp

松岡修造さんの日めくりカレンダーも話題ですが、蛭子能収さんの、生きる事が楽になるカレンダーも大人気。
毎日頑張ってる貴方に、ほっと一息つける蛭子能収カレンダーはいかがですか?

人気の秘訣は、緩いのではない。長年の人生からの緩さなのだ。

出典 https://twitter.com

蛭子能収さんの格言で、怒ることや怒りからは何も生まれないなど。
人に恨みや憎しみ、妬みを持ったりしない事をスタンスとしている発言が多くあります。
それは、彼自身が長年にわたる経験から培ってきた発言なのかもしれません。
これからも、蛭子能収さんへの人生相談は増えていきそうですね。

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス