保育系の職業に就職したくて、保育学科に進学した筆者ですが、入学して唯一憂鬱になっている事があります。

ピアノです。

一応、人並みに弾けているとは思うし成績も普通なのですが、そこに達するまでには相当な練習が必要な私でありまして。
 遅くまで講義があり、帰りが遅くなると練習する時間がなかなか取れません。
こんな思いをしているのは私だけではないはずです。

そこで、今日は筆者が今までどんなピアノの練習をしてきたかを紹介したいと思います。

注意・・・あくまで、弾けているレベルに達する為の練習法です。

短い時間でピアノを練習して上手くなるにはまず

YouTubeやCDなどで曲を聞く

まずは、その曲がどんな曲なのか。どんなテンポで、どんなターブなのか。まずは曲を知ることから始めましょう。

幼児の歌なんて聞いたことあるからなんとなく弾けるよ〜

なんて人もいると思うかと思いますが、なんとなくではダメなんです。
1、2回だけでもいいです。曲を聞いて曲を良く知りましょう。

曲を聞いてテンポや音を掴んだら次は・・・

楽譜の音符の下に音名を書いてしまいましょう!

この方法は、音楽の先生方からは少し嫌な顔をされるので、講義前には必ず書いた音名を消しましょう。

音名を書いて、曲を覚えるまでは書いた音名を見ながら弾きます。覚えてきたら音名ではなく音符を見て弾くようにします。
音名を書くときは#(シャープ)や♭(フラット)がある音名には○をつけるなど、楽譜に忠実に書きましょう。

いかがでしょう

この方法はあくまでも筆者がやってみて効果のあった練習法です。絶対に効果があるとは言いきれないのでご注意を。

ピアノが上手に弾ける保育士さん幼稚園教諭さんは素敵だと思います。もちろん、それ以外の職業に就職したとしても、ピアノが弾けることはいい事だと思います。

今、筆者と同じ様に保育学科に通っていてピアノを履修している方。また、ピアノを練習している方。一緒に頑張っていきましょう!

この記事を書いたユーザー

みーた このユーザーの他の記事を見る

保育系の学校に進学した大学生。

Amebaブログでちゅみたん日記更新中

得意ジャンル
  • 動物
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス