お笑いコンビ「ザ・ギース」の尾関高文さんをご存知でしょうか?
ザ・ギースは、尾関高文さんと高佐一慈さんからなるお笑いコンビです。


ザ・ギース

THE GEESE(ザ・ギース)はお笑いコンビ。尾関 高文(おぜき たかふみ、1977年8月6日(38歳) - )立ち位置は主に右でボケ担当。親が厳格で、お笑い番組は見せてもらえなかった。大学に入ってから『爆笑オンエアバトル』などお笑いを見始め、その頃に友人に誘われてお笑いの活動を始める。

出典 https://ja.wikipedia.org

大の広島カープファン、「キング・オブ・コント2015」のファイナリストであり、”娘おもいのパパ”で幼稚園に通っていた娘のために週に一度キャラ弁を作る、イクメンパパとしてマスコミで報じられています。

尾関高文

出典 http://www.excite.co.jp

そんな尾関さんと娘さんのやり取りが面白すぎると話題になっています。
そのやりとりとは・・

やり取りその①
パパ面白いことして!

出典 http://www.excite.co.jp

娘さんが尾関さんに「パパ面白いことして!」という”地獄のパス”を出してきたのですが、それに応えるべく尾関さんがしばらく”面白ポーズ”などをしていると娘さんの尾関さんに対する反応は・・

「パパは一体なにをしてるわけ?」と痛恨の一撃を尾関パパに浴びせ、急に冷めた目で尾関パパを見ていたようです。尾関さん曰く「自分は本当に何をしてるのだろう、一瞬人生を見つめ直した。」とのことです。

娘さんは当時、何歳だったのでしょうか?
痛恨の一撃をくらわせるあたりは、お笑いスキルも高いのではないでしょうか。

やり取りその②
ミルキーを2つあげる

出典 http://www.excite.co.jp

娘さんが家を出るとき当時4歳だった娘さんがミルキーを2つ、尾関さんに渡します。その意図は・・

娘さんは「これはパパの分、もうひとつは社長とかにあげてね」と語ったのだそうです。尾関さんは「とりあえず今日出会う一番えらい人にこのミルキーをあげよう」と思ったそうです。自分の大事なミルキーを2つも手放すとはなんと優しい娘さんなんでしょう。

そして、社長とかに上げてねの一言には感動してしまいます。”良妻賢母”、良き奥さんになること間違いなしですね。

やり取りその③
あやとりで事務所を作る?

出典 http://www.excite.co.jp

あやとりにハマっていた娘さんが”よくわからない作品”を作っていたそうです。尾関さんが「これ何?」と聞くと、娘さんから信じられない返答が・・

返ってきた言葉は「事務所!」。
あやとりで”事務所”を作るという、斬新さ、何故、事務所を作ったのか?

尾関さんは「あやとりの概念を打ち砕く時間に立ち会えた」と語っています。
娘さんの最近のあやとりレパートリーは、”バリカン”や”めじりのしわ”など不思議すぎる作品が多数あるとのことです。

事務所から目じりの皺と目の付けどころが、子供とは想えない発想力にただただ驚きます。恐るべし娘さん!

やり取りその④
おやすみ前のお話

出典 http://www.excite.co.jp

寝る前に娘のリクエストを聞き、おやすみのお話を作って聴かせている尾関さん。ある日、娘さんが「天狗とシマウマが岡山に行く話をして」と懇願したのです。何故、天狗とシマウマなのか?

そして行き先が岡山・・

謎すぎるお題に、今までで一番どうしていいか分からなかったと語る尾関さん。更に「舞妓さんがキノコを持って松戸に行く話」をお願いされた時には、頭の中が真っ白になったそうです。

天狗とシマウマの共存が岡山に通じるのか?謎だらけなのですが、想像、創造力が子供とは思えないですね。おやすみの話を聞いて娘さんは眠れたのだろうか?

娘からの手紙

娘さんは、手紙を頻繁に書いてくれるそうで、その度に尾関パパはキュンとくるそうだ。

――それは非常に嬉しいですね!
「家族全員が喜ぶこともあって、よく手紙を書いてくれます。ただ、いつもは『パパへ』とか『ママへ』と書いてあるのに、一度だけ『みなさんへ』と書いてあったことがあるんです。急にどうしたんだろうと思っていると『わたくしのことを、おやさしくしてくれて、ありがとうございます』と丁寧すぎる文体で書いてあって(笑)。とにかく感謝の気持ちを表したかったんでしょうけど、この敬語はなんだろうと……」

娘さんは尾関さんのポケットに手紙を入れてくれたり、どんぐりを入れてくれたりもするそうだ。

出典 http://www.excite.co.jp

手紙とはうれしいことでしょう。幼児がこのような丁寧な文体を使用するとは、これまた驚きですね。どんぐりの提供はミルキー提供のときと同様の意味が込められているのだろうか?

平成のちびまる子ちゃん

出典 http://www.amazon.co.jp

娘さんのこの立ち振る舞いは、あのアニメの主人公と重なるのですが・・
独自のツッコミと大人びたキャラクターは、そう、ちびまる子ちゃん”平成のちびまる子ちゃん”と言えるのではないでしょうか。

尾関さんと娘さんとの微笑ましい、温かい触れ合いですがご紹介したものを含めてやりとりの数々を一冊の本にまとめ「芸人と娘」(尾関高文著 飛鳥新社刊)として発売されたのです。

芸人と娘

尾関さん自らのツィートです。
本体価格は1100円(税抜き)。
帯書きは俳優のムロツヨシさんです。

ネットユーザーの反応

明正堂アトレ上野店ではポップが躍っているようです。
シュール過ぎると大絶賛しているコメントです。

家計の足し?尾関さんの意地汚さ?は私は感じませんが・・
とにかく面白いとのコメントを残しています。

本日13日、日本テレビ系「PON!」に出演されたようです。
尾関さんのファンなのか?娘さんの人気が出るよう祈っているコメントを残している。

おわりに

精神年齢が非常に高く、幼児ではなく華麗なる少女と言える娘さん。ギース、尾関さんの活躍も期待していますが、娘さんの今後が非常に気になります。
第2弾の発売を期待したい!一気に読み切ってしまえる「芸人と娘」を是非、皆さんご覧下さい。

この記事を書いたユーザー

shadow このユーザーの他の記事を見る

色々と情報を発信していきますので 気にかけていただければ幸いです。 読書、音楽(雑食系)、サッカー、野球、格闘技好きです。

病気(手術、治療の繰り返しにも拘らず病名が付かないため難病指定にならず・・)を患い闘病中、今年で21年目です!

難病で苦しむ方々を応援します。 宜しくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • インターネット
  • グルメ
  • 広告
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら