新年度を迎えるため部屋を整理したのに、もう荷物があふれている……という人も多いのではないでしょうか。

片付けても片付けても、いつも部屋がなんとなく散らかっている。

いろいろな“片付け術”を見ても、なかなか上手くいかない……。

それは、物の“適量”を把握できていないから。

そんな人へ、片付けのプロでもある筆者が、量の把握の仕方をご紹介しましょう。

■物の「量」を把握する

家族の人数、家の広さや間取りによって、持ち物の量は違います。

家族の衣類に、生活雑貨、各部屋にはベッドやデスク、収納家具……。

洋服好きな方なら1人で200枚持っているかもしれないし、靴が30足、靴下は50足あるかもしれません。

多いことは、決していけないことではありません。しかし、それらを全てきちんと把握していますか?

生活しやすい環境にするためには、たくさんある物を“管理できているか”が鍵となります。

自分の持ち物がどれだけあるかを確認してみましょう。

種類別に分けていくため、家中から個人の物を集めてみましょう。衣類でも、アウター,
靴下、下着などをパーツ別に分類します。

すると、同じものがいくつも出てきた、気づいたら似たようなものをいくつも持っていた……なんてことが見えてくるはずです。

■その数は「適量」?

自分の持ち物を分類して確認すると、次はその量が「適量か?」と考えてみましょう。

靴下が50足あり、かかとが薄くなっているような物があったら、それは処分しても困らないものです。

10足減っても40足。十分な量といえます。

分類すれば、今度は自分に必要な「量」が見えてきます。

自分にとっての適量が分かると、とても管理がしやすくなります。

快適な家とは、物が厳選されて、どこに何があるかがすぐに分かることです。

自分の持ち物と向き合い、持ち物全てを活躍させることができたら、毎日が楽しくなりそうですね。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら