日本の成人男性の平均喫煙率はおよそ30%
実に3人に一人の割合が喫煙者という状況で
喫煙者のマナー向上が求められるのは当然と言えば当然です。
ですが、ルールやマナーを守る人よりも破る人の方が
目立ってしまうのが人間の性というものです。
ちゃんと周囲に気を配れる喫煙者が一部の『ノーマナースモーカー』のせいで
批判されるのは余りにも哀しいことです。
そこでこのサイトでは、マナー向上とは別の視点から
喫煙者の待遇改善を目指して必要な情報を発信していきます。

タバコマナーを知ろう!!

たばこマナー
by Hiroyuki Tsuruno

『ノーマナースモーカー』は若者よりも年配の愛煙家の方の比率が多いです。
これはマナーの変化に気が付いていないからおこる現象です。
逆に今のマナーを知った上で考え、行動すれば自然とマナー向上に繋がっていきます。

マナー違反のリスクを考える

Licensed by gettyimages ®

マナーはルールと違い法的な強制力や罰則がありません。
その為「破っても俺は別に困らない」という考えから
マナー違反をしてしまう人が一定数いるのが現状です。
では本当にリスクは無いのでしょうか?
答えは『NO』です。実際にマナー違反からトラブルに発展したケースもあります。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス