●「ギョウザ日本一」の意外な基準
15年に渡って餃子の消費量日本一に君臨してきた宇都宮市
2012年に発表されたデータでは宇都宮をおさえ初の日本一に輝いた浜松市
そして2013年、一世帯あたりの「ギョウザ」の購入金額は浜松が4669円で1位となった
このデータは総務省統計局によるもの
無作為に選ばれた全国9000世帯が対象の家計調査
調査世帯は原則的に断れず、収入と支出を毎日記入する
集計されたデータは毎月、統計局のHPなどで公表されている
家計調査の餃子項目に含まれるは「生のギョウザ」と「惣菜のギョウザ」のみ
外食で食べる餃子はそこに含まれていない
●「ギョウザ日本一」の街を決めるデータに外食は含まれない

出典 http://convenience.typepad.jp

つまり、自宅で餃子を作ってもダメ
外食で餃子を食べてもダメ
『惣菜餃子・生餃子』
この2つだけしかカウントされません。

生餃子

出典 http://taizo3.net

こんな生餃子とか

惣菜餃子

出典 http://img01.naganoblog.jp

こんな焼き餃子とか

 ですが、普通に考えたらお店で餃子を食べることもカウントされそうな気がするんだけどさ・・・ダメなのかなぁ
 宇都宮と言ったら餃子の街ですよね?

 それが店舗での餃子を食べてもカウントされないんだったら、本当の餃子消費量って言えるのだろうか?そこはやはり、『生餃子・惣菜餃子・店舗での餃子実食数』これが必要か無いだろうか?本当だったら『餃子の皮の購買数』も入れて欲しいものですが・・・

この記事を書いたユーザー

井上慎介 このユーザーの他の記事を見る

社会や、ニュースになっている事柄をまとめます。
http://i-plan.bz/blog/

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • テレビ
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス