出典 http://www.anarodas.com

愛用した車を手放す際には「下取り」もしくは「車買い取り」のいずれかの手続きを行って次のステップへと踏み出します。しかし、車を手放した経験が無い方は、この2つの手続きにどのような違いがあるのか分からない方も多いでしょう。

ココでは下取りと買取の違い、そして、できるだけ高額で査定してもらうためのポイントについて紹介していこうと思います。

下取りとは?

車売る時というのは、たいていの場合新しい車への買い替えをすることが多いと思います。その時に新しい車を購入するディーラーなどの車販売店に、今まで乗っていた車を引き取ってもらい新しく購入する車の代金の一部に充てるのが【車下取り】です。

この車売る際の【車下取り】のメリットは、
車の売却と購入を同じお店で出来るので手間がかからない
購入する車の値引き分として下取り価格を加味してくれる

【車下取り】のデメリットは、
ディーラーなどでは他社の車の評価額が下がる
オプションやカーナビ・アルミホイールなどの社外品の評価が低い

出典 http://sound.jp

【車購入】そうだ、車を買い替えよう 番外編 ♯下取りの体験談

出典 YouTube

車買い取りとは?

中古車買取専門店などに、今乗っている車を売って現金を得ることを買取りといいます。新しい車に買い替えるのであれば、その資金を次の車の購入資金に充てることができます。10年程前までは車の買い替えの際は下取りに出すことが常識でしたが、最近では買取専門店に買取りしてもらうケースがかなり増えて来ているようです。

買取り価格は中古車業者間のオークション相場を基にしており、装備やオプションなども評価の対象になります。買取りのメリットは何と言っても、買取価格です。多くの場合で、下取りよりも買取専門店のほうが高額な査定価格を提示されるようです。その理由は、買取専門店は買取った車を現金化するまでの流通経路が確立されていてる事が要因です。

また、自宅まで無料で出張査定してくれたり、名義変更などの手続きも全て代行してくれるので、とても簡単に車を売却できるという点も特徴の一つです。

出典 http://auto.rakuten.co.jp

愛車の売値の相場を知るためには?

愛車の価格を知るには、ディーラーに下取り依頼を出すのも一つの方法ですが、ガリバーやカーセンサーのような中古車査定業者に査定依頼を出すのも一つの方法です。
今は1件ずつ回る必要はなく、サイトで一括査定ができます。走行距離、事故歴、登録年数、車種などを入力するだけでおおよその査定額概算を知ることができます。
もちろん出てきた数字は概算で、そこから上がったりすることもあります。
また他のサイトと比較をすることで、交渉をする時にうまく金額を上乗せすることも出来るのですから、一度自分の車の相場を知ることも大切です。
相場を知るにはこちらが便利です。

出典 http://soubastar.com

車の査定サイトは、一カ所へ無料登録するだけで、最大10社の買取業者に査定依頼を出すことができますので、非常に便利なサービスです。忙しい方に適しているサービスであると言えるでしょう。

車をお得に購入、一括査定で高く売る

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

たろす このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス