パリではショパンと親しく交流したイタリアが誇る天才音楽家ヴィンチェンツォ・ベッリーニ

シシリー島パレルモのマッシモ劇場の西、カステルヌオーヴォ広場を前にして建つひと際立つこの建物は、1867年から10年ほど掛かって1874年に完成したポリテアーマ劇場Teatro Politeamaです。

19世紀半ば、新都市パレルモを建設するにあたり、新市街にふさわしい斬新さと機能性に富んだ新劇場の建設を望んだ街は、主要出資者銀行家チャールズ·ガランと共に1866年、劇場の設計を広く一般から募ります。

その結果、内外から多数の応募がありましたが、ポンペイ建築に着想を得た古典的なデザインでありながら、オリジナリティに富んだジュゼッペ·ダミアーニAlmeydaのデザインが注目され、勝利を掴みます。とは言っても彼のデザインがそのまま採用となったのではなかったのです。それは応募した作品は野外劇場として設計されていたからです。

ですから、当選後は通常の屋内型劇場に設計し直しをしたばかりではなく、古典的なデザインだけにこだわらず、当時流行していた清新なニュアンスで仕上げる新古典様式も取り入れられて、1867年1月、ようやく工事が開始。もちろん、そのテコ入れが功を奏し、完成した劇場は今までにない斬新なものとなり、5000人を収容する大劇場として、工事開始から10年余の歳月を経て1874年に完成。多くの賞賛の言葉を手にし、同年6月にオペラ劇場として幕を開けたのです。

★杮落しに演奏された曲は、この島のカターニア生まれのヴィンチェンツォ・ベッリーニVincenzo Bellini(1801年11月3日~1835年9月23日)のオペラ『カプレーティとモンテッキ』(初演は1830年ヴェネツィア)でした。

画像はカターニア中心地の「象」の広場から徒歩数分の場所に位置するベッリーニの生家です。現在はベッリーニ博物館。

展示室には両親の結婚証明書はじめ家系図、家族の写真などのほか、彼が愛用した様々な小物、直筆の手紙、そして、初演はミラノのスカラ座だった作品「ノルマ」の自筆スコアやその折のポスターなど、彼の生前を彷彿とさせる遺品が展示されています。

★街にはベッリーニにまつわる記念碑や記念館など多くのものが残されていますが、中世から近代に掛けて、荒廃し続けるカターニアにとって、偉大なる作曲家ベッリーニの登場は市民の心を癒す夢そのものだったかもしれません。それゆえに街中、彼の想い出や足跡が残されているのだと思います。

ベッリーニ公園

1434年、シチリア島で最初の大学がカターニアに設立される。ちなみに1434年頃は日本はまだ室町時代でした。その後、安土桃山、戦国時代へと進みます。その頃にこの街に大学が設立されたのです。

カターニアはシラクーサから北北西へ約51km、エンナから東へ約72km、メッシーナから南南西へ約87km、州都パレルモから東南東へ約166kmの距離にあり、イオニア海に面した海沿いの街です。春夏秋冬、四季折々の風が吹き渡り、海辺の街らしい爽やかな都市として知られます。

1169年と1693年には、エトナ山の噴火で出た溶岩及びそれに伴う地震により大損害を受けますが、見事に華麗に復興し、その力を内外に示しました。また、1434年、シチリア島で最初の大学がカターニアに設立されるという誉れ高い歴史も誇ります。ちなみに1434年頃は日本はまだ室町時代でした。足利の時代で、その後、安土桃山、戦国時代へと進みます。その頃にこの街に大学が設立されたのです。

街は文学的な要素を含んだ歴史的建造物が点在しますが、その中でもカターニヤが誇る天才作曲家のヴィンチェンツォ・ベッリーニゆかりの記念物がもっとも多く、市民たちがいかに彼を尊び敬っているかを計り知ることができます。

★1801年11月3日カターニアに生まれたヴィンチェンツォ・ベッリーニは、音楽家であった祖父と父親の元で生まれ育ったことで、物心つく頃には既に作曲を始めていたという神童でもありました。その後、成人してからもその才能は誰をも寄せ付けないほど大きく育ち、ついにはイタリアオペラ界を代表する作曲家として音楽の世界に君臨するのです。

1819年~25年までナポリの音楽院で学んだベッリーニは、音楽院修了時に書いた最初のオペラ「アデルソンとサルヴィーニ」が上演され、内外から高い評価を受け、音楽院卒業と同時に作曲家として生きます。もちろん、作品を矢継ぎ早に発表し大きな反響を得るのです。そして、1831年、ミラノで2大傑作オペラ「夢遊病の女」と「ノルマ」が上演されるや否やその評判はイタリア国内だけではなく、ヨーロッパ中に轟き渡り、多くの著名人からも熱いラブコールが寄せられるのです。

1833年、名だたる音楽家が皆パリを目指した時代、彼が22歳の時、パリに移り、パリが最も華やかだった時代に活躍していたロッシーニ、ショパン、リストらと知り合うのですが、なかでもショパンとは気が合い、パリ滞在中にもっとも交流を深めた相手でした。

もちろん、それはお互いに必要としたからで、ショパンの作曲に大きく影響を与えたばかりではなく、生徒に教えていたショパンは、自分の作品を理解するためには、ベッリーニのオペラを聴きなさい、と生徒たちに言ったと伝えられます。

ベッリーニ公園

彼を記念して造られたベッリーニ公園の一角です。高台にあることから、公園からの眺望は素晴らしく、休日には市民たちの憩いの場として賑わいます。モザイクで飾られた舗道ももちろん、黒い溶岩と白い大理石を使って造られたもので、17世紀末の作品です。緑濃いここにはベッリーニはじめ街が輩出した著名人の記念像が立っています。

★パリではいくつかのオペラを書き、作曲に専念していたベッリーニは、34歳の時に念願の“清教徒”を丸一年かけて完成しますが、この作品を最後にして短い生涯を閉じ、天国へ旅立ちます。

神様はベッリーニを特別扱いはしませんでした。例え神童と呼ばれる相手でも二物は与えなかったのです。それだけではなく、成人してからというもの、慢性疾患で苦しみを与えるという試練さえも与えていたのです。

そして、まだ夢をかけらほどしか実現させていない1835年9月23日、神様は彼を天に召されたのです。34歳という若いベッリーニをこの世から天国に連れて行ってしまったのです。それもパリという異郷の街で、しかも、長年患い苦しみに翻弄された慢性の腸疾患という病に倒れてのことでした。

★オペラ『カプレーティとモンテッキ』は、彼が生涯を終える5年前の作品で、皆さまよくご存知の、13世紀のヴェローナを舞台にした名家カプレーティ家とモンテッキ家に生きた若い恋人“ロメオとジュリエット”の悲恋物語です。

彼の音楽には気品があり、聴き手を陶酔させるロマンティックな世界があると定評されるのですが、この作品はその定評そのもの。全編ベッリーニらしい流れるような旋律を特徴とし、深い悲しみを誘います。もちろん、彼の代表作のひとつに数えられています。

一時遺骸はパリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されていましたが、現在は生地であるカターニアの大聖堂の墓所に埋葬されています。

《註:文中の歴史や年代などは各街の観光局サイト、取材時に入手したその他の資料、ウィキペディアなど参考にさせて頂いています》

(旅行ジャーナリスト・作家 市川昭子著)

この記事を書いたユーザー

市川昭子 このユーザーの他の記事を見る

★旅行ジャーナリストとして長い間、公私共に海外の国々を訪れ取材し滞在。美術館巡りが好きで「ヨーロッパの美術館」など著書も出版。海外ガイドブック30冊以上(フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、オランダ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、ハワイ、アメリカ、香港、韓国、グアム、サイパンなどなど十数カ国のガイドブック)を取材し出版。★小説【あなたが生きた街】を出版。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス