「もしダメでも
とにかくやってみる」
という考え方で
人は幸せになれる。

ダメになる道を
選ぶのではなく、
上手くいくはずの
道を選んだ結果
ダメでも次がある。

「失敗したら嫌」
という考え方だと
不幸せなことしか
起きなくなる。



幸せを選べる人は
自分のなかで
自信のあることを
とにかく実行する。

どんなに自信があっても
ミスは必ずあるが、
最終的に
幸せのほうが勝る。

何度も実践して
全然ダメだとしたら
やり方を変える必要が
あるということ。



「なんで自分だけ」
不幸なのかと
すねている人は、
人間関係を
見直したほうが
いいかもしれない。

人は少なからず
誰かと関わっていて、
自分のことを
邪魔するような人に
迷惑をかけられて
嫌な思いをすることも
普通にある。

僕は自分が
気に入らない人間とは
極力関わらないが、
それだけで
運気は上がるのだ。



【愛煙セラピー「2218」】 

『何をしているとき
幸せを感じる?
何をしなければ
いけないとき
不幸せを感じる?
幸せを感じることを
優先して生きるのは
難しくはないよね。』

2016/04/10
愛煙セラピスト
志村嘉仁

「執着」さえ捨てれば
全然難しくない。

笑顔が消えそうなことに
関わらなければ
「普通」に生きられる。

しかめっ面ばかり
多くなるということは
「異常事態」が
発生しているのだ、
何かに無理している。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス