今、多くのワイドショーを賑やかせている問題。

バトミントンの違法賭博問題。

このニュースを見て、ふと考えたことがあった。

人気アニメ・機動戦士ガンダムの序盤に、ジーンと言う人物が出てくる。アムロ・レイのくらす地球連邦とは対極の、ジオン軍の兵士だ。

彼は連邦の辺境コロニー・サイド7の偵察をシャア・アズナブルに命じられ、最新鋭のモビルスーツ・ガンダムを見つける。それを操るのは、偶然に乗ることになってしまった少年・アムロ。初めて操るガンダムを、うまく操れないさまをみて、彼は思った。

こいつおびえてやがる。

彼は偵察任務であることを忘れ、油断して襲いかかり、あっという間に、ぶった切られてしまう。

相手が弱い。

もう、自分の勝ちだと心が緩んだとき、そこに隙が生まれる。彼がなぜシャアが偵察に限定したのか理解し、目の前の新型を前に慎重になれば、もう少し彼の生涯は伸びたのかもしれない。

バドミントン・リオデジャネイロ五輪代表の桃田賢斗がおこした、違法賭博問題。

彼は世界ランキング2位までのぼりつめ、メダルも有力視されていた。順風満帆な人生の中で油断が生まれたのか。自らがいい生活をしてバドミントン少年たちに夢を見させたい、そうした熱情がいつしか驕りとなり道を外してしまったのか。

許されないことなのかもしれない。でも、彼がその高見まで上り詰めるまで、血が吹き出る努力をしたに違いない。その努力を思い、そして栄光の直前で足元が崩れたことに馳せる。

この時期でのあの報道は残酷だった。彼が反省し、もし襟元を正すというなら、もう一度、機会をあげる社会であってもいいのではないか。

甘いと謗りを受けるかもしれない。でも涙ながらに後輩をかばった田児賢一選手も含め、ジーンのように終わったわけでないこれからも長く続くその人生を思うと、寂寥の感情が抑えきれなくなるのだ。




関連記事


その他おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

シャア! このユーザーの他の記事を見る

東京在住のライター。日常の出来事で考えさせられるすこと、興味を引く面白スポットなどをとりあげています。

得意ジャンル
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス