・七夕の短冊に書いた願い事

Licensed by gettyimages ®

・昔七夕祭りで出会ったおばあちゃんとお孫さんのコンビの会話が忘れられない…。そんな方がいらっしゃいました。

お孫さんは短冊に書く願い事についておばあちゃんと話していたといいます。

・その内容が面白くて笑っちゃう

その会話の内容は面白くもちょっと切ない話だったそうです。一体どんな話だったのでしょうか。

・孫「キュアドリームになりたい」

出典 http://www.toei-anim.co.jp

お孫さんの願い事はプリキュアの「キュアドリームになりたい」字がまだ書けないので、おばあちゃんに代わりに短冊に願い事を書いてもらおうとしていました。

・キュアドリーム(夢原のぞみ)
サンクルミエール学園に通う中学2年生。喜怒哀楽が豊かで、明るい 元気な女の子。成績も運動も今一つだが、好奇心は旺盛で失敗しても 常に前向き。他のメンバーに支えられながらプリキュアのリーダーと なっていく。

出典 http://www.toei-anim.co.jp

キュアドリームといえばYes!プリキュア5の主要キャラクター。ピンク色をイメージしたキャラクターで明るく前向きな性格!小さい子供たちの憧れの存在です。

そんなキュアドリームになりたいお孫さん!七夕で願いを叶えたい!しかし、おばあさんは…その模様が漫画になっていますのでご覧ください。

・おばあちゃんに短冊を書いてもらうように頼む孫

出典 https://twitter.com

・さらに…

出典 https://twitter.com

出典 https://twitter.com

えええ!!おばあちゃん!!

キアヌ・リーブス?

出典 http://www.amazon.co.jp

短冊に「キアヌ・リーブスになりたい」って書かれちゃった!

願いが叶ったら孫、キアヌ・リーブスになっちゃうやん!

・このおばあちゃんとお孫さんを目撃された方

「高橋ザムザ ‎@zamza825」さんはそろそろお孫さんも中学生になるころだけれど、願い事が叶ってそろそろキアヌ・リーブスになってしまっていないかと心配になったみたいです。

・おばあちゃんがかわいい

Licensed by gettyimages ®

おばあちゃんってこんなのだよね、面白い、可愛い!と共感する方がたくさんいらっしゃるようです。

これぞおばあちゃん!と思ってしまうようなおばあちゃんの対応ですね。

・子供の願いも可愛い

子供が考える願いって大人では考えもしないものが多いですよね。キュアドリームになりたいお孫さん、自分も小さい頃アニメのキャラクターになろうとしたことあったな―…と自分と重なってしまいます。

・ところで、キアヌ・リーブスになっちゃっていいのか?

Licensed by gettyimages ®

ところでお孫さんが本当にキアヌ・リーブスになっちゃっててもいいのか、と言うところがとても心配でしたので調べてみました。

・キアヌ・リーブスのプロフィール

キアヌ・チャールズ・リーヴス(Keanu Charles Reeves, 1964年9月2日 - )は、レバノン出身のカナダ人の俳優・ミュージシャン。身長186cm、左利き。

1994年の映画『スピード』の大ヒットにより国際的スターとなった。続く『スピード2』にも出演オファーがあったが、『ディアボロス』と『死にたいほどの夜』に専念するために断った。その後もいくつかの映画に出演したがパッとせず、やや表舞台からは遠ざかっていたが、1999年の映画『マトリックス』が世界的に大ヒットし再ブレイク。3部作に主演し人気を不動のものとした。

出典 https://ja.wikipedia.org

長身でアクションが得意な俳優。代表作を複数持つハリウッドスターであり音楽経験もあります。どう見てもイケメン!キアヌ・リーブスになっちゃってもいいかもしれません。

・そして、ただのスターではなかった

Licensed by gettyimages ®

「キアヌ・リーブス?マトリックスに出てる人でしょ?」
キアヌ・リーブスは知らない人がいないくらい世界中で有名ですが、彼の人生について知っている人はあまりいません。

彼のこれまでの軌跡を知ったとき、多くのスポットライトを浴びる華やかなイメージとは違う、本当の彼が見えてきます。

彼の人生を彼自身が語ってくれたインタビューがありました。

・「私が3歳の時、私の父親が家を出て行くのを見ました。」

Licensed by gettyimages ®

ほとんどの人は私のことを知っていますが、私の人生については知りません。

私が3歳の時、私の父親が家を出て行くのを見ました。高校は4つの違う学校に通いましたが、失読症のためにほとんどの他の人たちよりももっと教育を受けるのが難しくて苦労しました。

23歳の時、一番仲のよかった親友のリバー・フェニックスが麻薬のオーバードースで死んでしまいました。1998年にはジェニファー・サイムと出会い、お互いに一目で恋に落ちました。1999年にジェニファーが女の子を妊娠しました。しかし悲しいことに、8ヵ月後には私たちの子供は死産となりました。彼女の死で私たちはあまりにもひどく落胆し、これが原因で最終的には私たちの関係は終わってしまいました。

それから18ヵ月後、ジェニファーは交通事故で亡くなりました。

その後は真剣な交際や子供を持つことを避けるようになりました。

出典 http://ameblo.jp

父親と離れ、失読症を患い、友達を失い、子供の死産を経験し、恋人まで亡くなる…そんな辛い経験を多くされていました。しかし、そんな状況でもあきらめずに人生を歩んでいったと彼は語ります。

・収入の70%を白血病患者を扱う病院に募金しました。

Licensed by gettyimages ®

私の妹は白血病でしたが、今は治っています。マトリックスの映画から得た収入の70%を白血病患者を扱う病院に募金しました。ハリウッドのスターの中でも豪邸に住んでいないのは私くらいなものでしょう。ボディガードもいませんし、高級な服も着ていません。

私は1億ドル相当のスターだそうですが、今でも地下鉄に乗っていますし、大好きなんですよ!結局は、どんな悲惨な状況の中でも素晴らしい人は力強く生きることができる、ということには誰もが同感できることかと思います。

あなたの人生で何が起きていようとも、あなたはそれを乗り越えることができます!人生は生きる価値のあるものです。

出典 http://ameblo.jp

自分がどんなに悲惨な状況に陥っても、相手を思う気持ちや優しさを忘れなかった彼の生き方に感銘を受けます。また、スターであるのにもかかわらず贅沢をせずに、その収入の多くを募金するなど困っている人の助けに使用するなんて、器の大きさと優しさに心が震えました。

・やっぱりキアヌ・リーブスはカッコよかった

Licensed by gettyimages ®

見た目のみならず生き方までもがカッコいい。やっぱりキアヌ・リーブスになっちゃってもいいかもしれないと思えてきました。おばあちゃんの間違い、心配しなくてもいいかもしれませんね!

いかがでしたでしょうか。
おばあちゃんと孫の話にも癒されましたが、さらにキアヌ・リーブスの人柄にも思わず感動してしまいました。

・英語でのインタビューはこちら

Licensed by gettyimages ®

キアヌ・リーブスのインタビューは和訳したものを載せさせていただきましたが、英語版は以下になります。心が震えるインタビューですね。

"Most people know me, but don't know my story. At the age of 3, I watched my father leave. I attended four different high schools and struggled with dyslexia, making my education more challenging than it is for most. At the age of 23, my closest friend River Phoenix died of a drug overdose.

 In 1998, I met Jennifer Syme. We fell instantly inlove and by 1999, Jennifer was pregnant with our daughter. Sadly, after eight months, our child was born stillborn. We were devastated by her death and it eventually ended our relationship. 18 months later, Jennifer died in a car accident.

Since then I avoid serious relationships and having kids. My younger sister had lukemia. Today she is cured, and I donated 70% of my gains from the movie Matrix to Hospitals that treat leukemia. I am one of the only Hollywood stars without a Mansion. I don't have any bodyguards and do not wear fancy clothes. And even though I'm worth $100 million, I still ride the subway and I love it!

出典 http://www.indiatimes.com

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス