出典 https://www.pakutaso.com

自動車保険と言うのは種類が多いことに加えて、専門用語の数多く登場するため、なかなか覚えていくのが難しい分野です。
ここではこれから自動車の購入を検討している方に向けた、自動車保険を選ぶ上で最低限知っておくべき基本的な情報をまとめてみましたので、是非参考にして下さい。

基本となる「3つの保険」

かんたん自動車保険ガイド

出典 http://www.kantan-carhoken.com

同じ内容の自動車保険でも比較することで最安値が見つかります

 自動車保険(任意保険)には、大きく分けて「賠償責任保険」、「傷害保険」、「車両保険」の3つがある。この3種類と補償内容を知ることで、ようやく自分に必要なものが判断できるようになる。おおまかであっても、この“基本”を理解しておくことが非常に大事だ。

 「賠償責任保険」は、交通事故で相手にケガをさせたり、相手の物や、車を壊したりした場合に保険金が支払われる。

 「傷害保険」は、交通事故などによって自分や同乗者がケガをして入院や通院、死亡した場合に保険金が支払われる。

 「車両保険」は、交通事故などで破損した自分の車の修理費用等が支払われる。

出典 http://life.oricon.co.jp

自動車保険には「ノンフリート契約」と「フリート契約」の2種類がある

ノンフリート契約
任意保険を契約している「所有・使用自動車」が9台以下の場合は、「ノンフリート契約」になります。1台に対して、1つの保険を契約することになります。

フリート契約
任意保険を契約している「所有・使用自動車」が10台以上ある場合は、「フリート契約」になります。すべての車を、まとめて1つの保険で契約することになります。

このノンフリート契約とフリート契約ですが、どちらか好きに選べるという性質のものではありません。

10台以上所有・使用している人は、必ずフリート契約となりますので、ノンフリート契約をすることはできませんし、9台以下を所有・使用している人は、必ずノンフリート契約となりますので、フリート契約をすることもできません。

例えば、10台の自動車を所有・使用している人が、5台ずつ2つの保険会社で、契約するということも当然できません。1つの保険会社で、フリート契約の自動車保険に加入しなければいけません。


出典 http://www.xn--fbkq961v3qci66bcfszfmq0ok9kqqax07d.jpn.com

上の「ノンフリート契約」は、割引率ごとに順位分けが行われています。そして、その「順位」の事を「等級」と呼ぶのです。この等級は全てで20ランクに分別されており、「20等級」がいちばん割引率が高い等級となっています。その反対は1等級となっています。

「被保険者」「契約者」の違いとは

「被保険者」とは、“契約された保険の補償を受ける人、保険の対象となる人”のことをいいます。

「契約者」とは、“保険会社に契約申込をして保険料を払う人”のこといいます。

また、「記名被保険者」という言葉もよく出てきますが、これは“契約した保険の補償の対象の中心となる人”のことで、補償の対象となる人が誰になるのかを定義する上で重要な意味を持ちます。
例えば、配偶者、子供など補償の対象となる人が複数いる場合、その代表となる被保険者が「記名被保険者」となるわけです。

出典 http://car-moby.jp

自動車保険の関連動画

通販型自動車保険はお得?

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス