国民が便利に快適に、手軽に楽しんで利用出来る乗り物を、またもや規制して取り上げようとするのか、とニュースを観ていて憤るところだったが、いかんせんそのニュースは日本の事ではなく、お隣の中国での出来事で、とりあえず日本国内での利用者が規制されるような話題でなかったので、今はホッと胸をなでおろしているところである。

そのニュースの内容とは、今日から北京市内の故宮博物院に面した近隣の大通りの一部で、電動自転車の乗り入れを一切禁止するという規制の事だった。

とかく、いつもいつも自国の国民が、楽に快適になるような物や、比較的リーズナブルで気軽に便利に利用したりする物を、すぐに『 アブナイ 』『 危険だ 』と言ってなんでもかんでもがんじがらめに規制して、無理矢理取り上げるのが大好きな日本国の事だから、「 また電動自転車も厳しく規制されて、乗りにくくなって不便になってしまうのか。」と、珍しく早とちりしてしまったようである。

お隣の中国の混雑している交通事情と、手軽に購入できる電動自転車の価格などを考慮に入れて、社会主義で一党独裁の、国民に厳しいお国柄という事情を考えるならば、その規制の強化も致し方ない所だが、もしも同じようなことが日本で起きれば、利用者や一般の国民からの反発が無ければ不思議なくらいである。

ただでさえ、日本の二輪車を取り巻く状況は最悪で、世界トップの自動二輪車生産国であるにもかかわらず、自国での自動2輪の売り上げは全く伸びずに減退の一途を辿っているし( 手軽に乗れるリーズナブルな筈の乗り物にしては、あまりにも価格設定が高額すぎるのも二輪車が普及しない大きな一因ではあるが。 )、つい先日も、自転車への交通ルールの規制と罰則強化によって一段と、ごく普通に自転車に乗って気軽に楽しむことさえ難しい 極めて乗りにくい状況に追い込まれてしまった。

いったいどれだけ、国民が快適にスムーズに楽しめるはずの 便利に使えるツールを、何でもかんでも不便につまらなくしてしまうような規制をどんどん作って、どれほど国民をがんじがらめにしたいのか、毎回全く理解に苦しむのだが、とかく『 他人の事に口うるさく、何でもかんでも とにかく何かしらの理由をつけて、人の自由を奪おうとする島国根性、もしくは革新的なものへの懐疑心の強い村意識 』とでも言うべきなのか、こんな状況では、この分野での日本は、いつまでたっても先進国の仲間入りするのはまったく望めない。

遅ればせながら、日本国内の公道でも7月からやっと、セグウェイを乗れそうではあるが、その実情は誘導員の監視の下でのみ使用出来、小型特殊自動車としての認定をクリアしなければならないし、道路の使用認定も得なければならない、極めて限定的なもので、まだまだ期待外れでがっかりしてしまうような状況でしかない。
こんな事では、本格的にセグウェイが普及するのも、いったいいつになることやら。
もしかしたら、せっかくの期待のセグウェイも自動二輪車のように、日本の道路上から迫害を受けて減少の一途を辿ってしまうのかもしれない。
日本の国民はいったい、いつになったら近代的な交通手段を手に入れて十分に謳歌することが出来るのだろう。

この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス