第一次上田合戦で徳川に大勝利を収めた真田。その名は広く知られるようになった。
しかし源次郎信繁は側室であるうめを亡くし、前に進めないでいた。

一方、敗れた徳川家康(内野聖陽)は家老筆頭の石川数正が出奔し、秀吉に寝返ったとの知らせが届き、激怒する。
そして、西で勢力を伸ばす羽柴秀吉(小日向文世)がいつ攻めてくるのかとおびえる日々を過ごす。

その秀吉は大阪に巨大な城を築き、関白にも就任。豊臣姓を名乗るまでになった。
また各地の大名を上洛させ、忠誠を誓わせた。

秀吉からの上洛を求める文は真田信幸(草刈正雄)や上杉景勝(遠藤憲一)の元にも届く。
信幸は断りを入れる一方、景勝は秀吉に会いに行くことを決断する。そして源次郎信繁(堺雅人)にも同行するよう求める。

景勝一行は大阪へ行く途中、加賀に立ち寄る。するとそこまで石田三成が迎えてきていた。
三成の案内で京に入った景勝一行。
すると源次郎は直江兼続に「会いたいと言っている人がいる」と聞かされる。
それは数正だった。

数正は徳川に刺客を送られ、その屋敷にかくまわれていた。
そして源次郎に会うと、家康を裏切ってしまったのは源次郎の叔父である信尹にそそのかされたせいだと不満をぶつける。
しかし源次郎は、そそのかされたとしても最後に決めたのは自分だと諭す。
そして涙ながらにこう告げた。

先が読めないのはみな同じです。だから必死に生きているのです。
人をだましたり、裏切ることもあるでしょう。
でもそれは善とか悪で図れるものではないと私は思います。
石川さま、とりあえず前に進みましょう。

うめを亡くし、立ち止まっていた自分と重ね合わせつつ、
御のある人を裏切ってしまったという数正を思い、必死になってかけた言葉でした。

(真田信繁「真田丸」第14話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら