「好きですサイン」かなぁ・・・

あの人はいったい私(僕)のこと、どう思っているのだろう?

異性の気持ちを知りたいけど、知るのは怖い・・・・
でも案外、あの人は「好きですサイン」を既に出しているかも!?

好きな異性に出す「好きですサイン」。
意外なものもあります。どのようなものがあるのでしょうか?

①また視線が合った!

これはよく言われますよね。

視線が合うと言う事は、あなたのことが気になってあなたを見ているからです。

でも、この前じっと彼女を見つめると、目を逸らされたけど・・・・って??

一般的に、日本人は見つめ合うことが苦手な人が多いです。
女性よりも男性の方がシャイで視線に耐えられない傾向が強いです。

恥ずかしくて目を逸らせてしまう事も多いので、目をそらせた=嫌い とは限りませんよ!

目を逸らした時に、どの方向に逸らしたか?これがポイントです。



<横に逸らした>

これは拗ねているか、大変残念ですがあなたにあまり興味がないかの、どちらかです。

ほら、拗ねて「ぷい!」とか「ふん!」が顔を横にするでしょ。それを目だけでやった、と言った感じです。

ちょっと拗ねて「ぷい!」「ふん!」なのか、興味がないから「ぷい!」「ふん!」なのか・・・ この見分けは難しいかもしれませんね。

<上に逸らした>

これは、「何見てるのよ!」 と言った感じで、牽制しています。

怒ると目が上向きになるでしょ。ちょっと怒っている時に視線が上向きになります。

<斜め上に逸らした>

これはあなたに好意があるのかも。

そんなに見つめないで!恥ずかしいよ! と言った感じでしょう。

<斜め下に逸らした>

恥ずかしくて思わず下を向いた。という事でしょう。

また、緊張している時は視線を斜め下に逸らすので、この方向に目をそらした時は、脈ありですよ~。

<3秒以上視線が合えば・・・>

初対面の人が、「感じのいい人だな」と思った時は1.3秒、視線を合わせて見つめることができます。

そして友達と恋人の境目は 3秒 と言われています。
もはや視線が合ったと言うよりも、見つめあっているやん!!

3秒以上視線を合わせると、性的な興奮を覚え、恋人同士へと落ちていくことが多い、らしいですよ!!

この3秒、意外と長いです。

但し、職業によっては、「お客様と話すときは視線を合わせなさい」といった訓練をうけていることもあります。この場合は3秒が平気な時がありますので、営業用か個人的にか・・・の区別は判断は難しいかもしれません。

②向かい合った時、若干斜めになっている

恋人同士は、まっすぐに向き合うと思われがちですが、意外とわずかに斜めになっていることが多いのです。

それは、あまりにがっちりと向かい合うと、にらみ合いになってしまうから。

一騎打ちの前は、向かい合ってにらみ合うでしょ。真正面過ぎるとケンカ体制になるので、やや斜めになることが多いです。

そして、もう一つ。
好きになると、失敗を回避しようとする傾向が強くなります。

あまり真正面の顔を見られるよりも、斜めの顔の方がベターだから、顔の欠点を見られないように、無意識のうちに少しだけ斜めの顔を見せようとしています。


③特別な笑顔

上の画像の彼女、いい笑顔ですよね。↑

好きな人の前では自然と笑顔になります。
また、好きな人と話をしていないときも、口角をあげてその人の事を見つめています。
遠くからor後ろから好きな人を目で追い、口角を上げていることでしょう。

但し、誰にでも笑顔で話す「笑顔良し」の人や営業用の笑顔の人もいますので、自分だけに向けられた笑顔なのか、他の人にも同様の笑顔なのか・・・?? これがポイントです。

好きな人に向ける笑顔は、他の人に向ける笑顔とはまた違います。言うなれば「特別の笑顔」を見せています。

周りからは、「へえ~、あいつって彼女にはあんな笑顔見せるんだ!!」 と驚かれている人もいるのでは??

➃気づけば側にいる

そういえば、忘年会も新年会もお花見の時も、隣にいたよなあ・・・なんだかいつも隣にいる・・・・

1度や2度なら偶然でしょうが、3度続くと必然かも・・・!?

これは、いつも隣にいる人からの「好きですサイン」の可能性大です。
好きな人の側にいたいのです。

⑤触られると力が強くなる

今時、フォークダンスなんてやることはないとは思いますが、何らかの機会に手を繋ぐことになったときに、ギュッと握り返してきたら、それは「好きです」サインです。

触られた相手が好きなら、力が強くなるという傾向があります。

上の画像は恋人同士。下の画像は介護人と患者さんの典型的な手のつなぎ方です。



⑥女性は、好きな人を質問攻めにしてしまう

女性は相手の事を知りたがります。

「ねえ、昨日の夜は何食べたの?」「テレビは何見た?」「何時に寝た?」と質問攻めにしてしまうことも。

それに対して男性は、自分の事をしてほしいという気持ちが強いので、饒舌になることが多いです。

⑦あっ!ゴメン!


そして、そのあと、「あっ!ゴメン! なんだか質問ばかりしてるね」などと、「ゴメン!」と謝れば、ますます ”好きですサイン” です。


「長電話してゴメン!」「私が選んだメニュー、あまり美味しくなかったね。ゴメンね」など、謝るほどの事ではないことも「ゴメン」をよく言うようになれば、それも ゛好きですサイン”の1つです。

好きな人に嫌われたくないから、あなたを大切に思っているから「ゴメン」が多くなるのでしょう。



いかがでしたか?

あの人の気持ちが知りたいような知りたくないような・・・


何気ないしぐさの中にも、あの人の気持ちが溢れていますよ。

素敵な恋愛をしてくださいね。



この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら