外資系企業の特徴とは…?

Licensed by gettyimages ®

日本の会社では大きく分けると、日系企業・ベンチャー企業、そして外資系企業に分類することができます。今日はその中でも「外資系企業の特徴」について、ご紹介します。

業務の効率化は、常に求められます。

Licensed by gettyimages ®

「お金と時間」

時間内で高いパフォーマンスを求められる外資系。日系企業でのんびり働いてきた方には、このスピード感についていけないという方も多いようです。

仕事の評価は、厳しく求められます。

Licensed by gettyimages ®

一般社員、事務職などの方でも「業務の評価」は厳しく求められます。「できません」「わかりません」「間に合いません」は禁句です。また、何かわからないことがあった時に、ただ単に「どうしたらいいでしょうか?」と聞くことは、日系企業では許されても外資系では許されません。「戦力のある人に高いお金を払っている」というスタイルですので、「自力でできるところまでしっかりやった上で、質問をする」という自立した考えの方が好まれます。

アスリートのような会社員。

Licensed by gettyimages ®

外資系企業は、「人」に対して高い給与を支払っています。

そのため、常に高いパフォーマンスを発揮すること。仕事ができなかった時には、アスリート同様の戦力外通告=解雇が待っていることを常に想定をしておくことが大切です。

明確な意思表示が必要です。

Licensed by gettyimages ®

外資系企業の場合、曖昧な意思表示では上司から返事をもらえないことも。「返事がほしい」「●●がしたい」「何が優先順位なのか」と言ったことを常に確認をしましょう。また、入社間もない場合でも、自分から「何がわからないか」を言わない限り、教えてもらえることはありません。

外資系ならではのメリットも、たくさんあります。

Licensed by gettyimages ®

「外資系は厳しい」と、漠然と思われる方もいらっしゃることでしょう。それでも外資系企業が好きだという方は多いものです。ここからは外資系のメリットもご紹介します。

人間関係は、よくも悪くも、非常にドライ。

Licensed by gettyimages ®

外資系企業は、「勤務が終われば、あとはプライベートな時間」という考えが根付いています。日系企業・ベンチャー企業のように、馴れ合いで残業をしたり、休日まで一緒にいるということは、「実際に仲が良い」という場合を除いては無いようです。

年収は、高い傾向にあります。

Licensed by gettyimages ®

外資系企業は、退職金が無い企業は殆どな代わりに、日系やベンチャー企業以上の高い年収を提示されることが多いようです。「仕事ができる」「万が一クビになっても次の職場を探すことができる」という方には最適な企業でしょう。

成果が上がれば、比較的自由に勤務をすることができます。

Licensed by gettyimages ®

長期休暇や定時での退勤など。日系企業やベンチャー企業では、周囲に気を遣わなければならないようなことでも、外資系企業であれば「一定の成果を出していれば」充分に実現可能です。長時間労働が少ないという特徴もあります。

パワハラ・セクハラの管理がしっかりしています。

Licensed by gettyimages ®

日系企業・ベンチャー企業ではあるとされているパワハラやセクハラ。一般的な外資系企業では厳しく取り締まられていると言われています。また「キャリアアップのための転職」をする方が多い企業ですので、「どんなに嫌な上司や同僚も数カ月から、長くても数年で居なくなる」のも、外資系企業のメリットでしょう。

仕事に人を当てはめる外資系企業。

Licensed by gettyimages ®

個人の適性を考え、「人に仕事を当てはめる日系企業」とは異なり、外資系企業は「企業が求める仕事内容が出来る人を配置する」傾向にあります。そのため、業務の範囲外の仕事を任されることは少なく、自分の仕事に専念しやすい環境が整っています。

キャリアアッププランは、自分で考えること。

Licensed by gettyimages ®

外資系企業では、新卒採用でも日系企業のような丁寧な研修はありません。だからこそ、自分で学び、年齢を重ねても活躍し続けられる力を、自発的に身につけていく必要があります。待っているだけでは、キャリアアップのチャンスは訪れませんが、自分で考えられる人にとってはキャリア形成をしやすいと言えるでしょう。

キャリアアップのために転職は重要
外資系企業では転職は普通のことであり、キャリアや給与のアップにつながり、キャリアパスにとって重要なことと考えられています。ある調査によると、米国の一つの企業での平均在職期間は4.6年という報告もあります。ただし、20代、30代の転職希望者で、転職回数が多い場合、「深く考えずに転職している=判断力が不足している」「辛いことがあったらすぐに辞める=根気・忍耐力が不足している」と受け取られることもあるので注意が必要です。

出典 http://www.michaelpage.co.jp

日系企業よりも転職が身近にある外資系企業ですが、やはり全ての会社を短期間で退職してしまっているとしたら、特に若年層の場合は、評価をしてもらうのは難しいかもしれません。

スピーディに結果を出し続ける外資系企業。

Licensed by gettyimages ®

限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮する。結果が出れば報酬アップ、でなければ報酬ダウンか戦力外通告。と、結果によって待遇が一気に変わるのも外資系です。「今の仕事が好きだけど社風が合わない」と言った方は、転職時に企業のスタイルも重視して探すと良いかもしれません。

自分の能力に自信がある方はぜひ外資系企業に転職をしてみてはいかがでしょうか。ただし、能力主義とはいえ、外資系企業の場合でも一般的なマナーや同僚・上司・部下に対する思いやりは必須ですよ。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら