記事提供 がんばれ熊さん

半年前に「友達が会社を作るので、一緒にやることになった」と言って、辞めたアルバイト君が最近遊びに来るようになりました。

結局、彼は友達が「作る」と言っていた会社をいつまで経っても作らないと言うことで、今はセルフのうどん屋でアルバイトをしているそうです。

ちなみに彼は3年近く、働いていて、真面目で使えるアルバイトでした。しかし、辞めてから半年経った今になって、その時に仲が良かった後輩アルバイトに近づき、先輩風を吹かせるようになりました。

現在の職場の忙しさをアピールする彼

出典私のイラスト

彼が今アルバイトをしているセルフのうどん屋は大手スーパーのフードコートにあり、昼のピークや土日は戦場のような忙しさがあるそうなんです。

その忙しさを「食品スーパーの3倍の忙しさだよ」と表現していたそうです。半年前に俺がやってた時はこうしてた」と過去に自分がやっていたやり方を教えたり、言ってることはもっともで、親切心から教えてくれてるのは分かるのですが、それが頻繁に続くのです。

私が言いたいのは、たまに「お元気ですか?」程度の挨拶に来るのなら歓迎出来るのですが、彼の場合は週に1回ほど来て5分から10分ぐらいアルバイトに話かけてるのです。

私も黙って見ていたわけではありません。ちょっと長引きそうだなと思った時は私が近づくようにします。すると彼は、「それじゃ、また来ますね」と言って帰るのです。

私は何も注意をしていません。しかし私の「忙しい時に手を止めてほしくない」と言う気持ちを彼は知っているのでしょう。私が近づいたら、「これ以上話かけたら迷惑なのかな?」と感づいて帰るのです。

話しかけられるアルバイトは、「元先輩だから、話しかけられたら逃げられません」と迷惑をしているようなので・・・・

一旦離れることの大切さを教えました。

出典私のイラスト

同じ場所で作業しているからずっと話かけられるのだから、「すみません」と言って一旦離れるべきだとアドバイスしました。

すると彼は、分かりました」と言った後に「あれって一体何なんですかね?」と聞いてきました。

私は、「うーーーん」と考え込みました。

「いったい何なの?」ということを考えるといろいろな何かが想像出来るのです。

今の職場を自慢したいのか?

今の職場の愚痴を言いたいのか?

うちの職場にまだ未練があるから?

まだ先輩風を吹かせたいから?

上手く「これだ!」という説明が出来なくてもやもやしました。それからしばらくして彼はまた遊びに来ました。今度は和歌山に旅行に行ったお土産を持ってきたそうです。

それを事務所に置いておいたから皆様で食べてください」と言ってきたのです。話を聞くと事務所には無断で入ったそうです。これに私は・・・・

辞めたら部外者であることを教えました。

出典私のイラスト

「せっかくお土産を持ってきてくれた○○君にこんな事言いたくないけれど、辞めた職場の事務所に入る時は社員の許可を得て、一人で入ったら駄目だよ」

「いや・・・熊さん達が忙しそうにしていたので・・・」

「元気そうな顔を見せてくれるのは嬉しいことだけど、辞めた時点で部外者なんだから、事務所は関係者以外立ち入り禁止なんだよ」

この出来事で私の彼にたいする「こいつは何?」というもやもやした気持ちはさらに大きくなりました。そして同僚女性にもこの事を話しました。すると彼女は・・・・

鋭い一言で納得させられました。

出典私のイラスト

「寂しい奴だな」

この言葉を聞いて私は、「あっそれだ。なるほど、そうだ、寂しい奴だ」と見事なまでに納得に至りました。

中年女性は時に「あっそれ鋭い」と思う一言で人の心を納得させてくれるものなんだなと、妙に感心をしました。「そうそう!それだよなー」と言う鋭い一言が、「一体何なんなんだあいつは」というもやもやをすぅーーーっと消してくれたのでした。

 今の職場の自慢をしたい。

 今の職場の愚痴を言いたい。 

 前の職場に未練がある。 

 前の職場で先輩風をふかせたい。

様々な心理を見事に一つに言い表した一言に、拍手を送りたい気持ちと残念な気持ちが生まれました。 実は、彼が久しぶりに顔を見せた時、正直に私は嬉しかったのです。

「うわーー、久しぶり、今何してるの?元気?」と声をかけ、まるで「懐かしのヒーロー」を見るような気持ちで彼を迎え入れたのです。

だから彼にとってうちの職場はヒーローになれる場所なのでしょう。しかし、懐かしのヒーローでも、頻繁に出てきたら、「またか?」と思われるのです。

心当たりのある方はぜひ参考にして頂きたいと思う私の体験談でした。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス