長崎から発信しています「ゆきぼ」です、桜は散ってしまいましたが、今日は良い天気になりました、散歩するには絶好の日よりですね。

ここ数年、綺麗な女性をよく見かけるようになりました、ここで言うところのキレイは見た目が美しい事です、しかし気のせいかみなさん全員が同じ顔に見えるようになってしまいました、これは筆者が歳をとり感覚が鈍くなったせいなのかもしれませんね。

美しくなりたくて

Licensed by gettyimages ®

女性の方なら、一度はお人形で遊んだ経験があるのではないでしょうか、着せ替えをしお化粧からヘアースタイルを整えて、お友達と時間を忘れてすごしたことでしょう。

リカちゃん、ジェニー、シルバニアファミリー、バービー、美少女戦士セーラームーンなどなど、このお人形たちは自分のお子さんに譲っても喜ばれます。

リアルバービーって?

キレイと言えば数年前からネット上で「リアルバービー」という言葉が話題になってるようです、どういうことかと言いますと、あのバービー人形のようになりたい、綺麗と言われたいという人が急増してるんです。彼女たちは、みんなからキレイと言われたいと熱望しており、お化粧や髪型さらには整形までネットには画像処理までして「美」を追求しているのです。

今回は、その「リアルバービー」に注目します。

世界一有名になった美少女!?「ロリータ・リッチ」さん

出典 http://i0.wp.com

世界一有名になった少女がいます、名前は「ロリータ・リッチ」さん(16)ウクライナの出身です。

ウクライナは美人の宝庫ですが、その美女たちが何故か、日夜整形にはげみ完璧なアニメキャラやバービー人形に変身しているのです。

ウクライナは、東ヨーロッパの国で東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置しています。

産業の中心地帯として大きく発展していて、天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達しています。

なぜ世界中から注目を集めてるのか!

なぜ?彼女が世界中の注目を集めているのか、それは全く整形していないでこのクオリティなのだからです。

当然ながら、画像処理もしていないというから驚きです。ただし本人曰く「カラーコンタクトはしてる」ってことです。

元が良いのに、それに加えて整形までしちゃうとは、「美」を追求し始めたら止まらなくなってしまうのでしょうね、筆者的には彼女たちの将来が心配でなりません(よけいなおせわですね:汗)

わたし「リアルバービー人形」になちゃった!

出典 YouTube

毒舌な彼女

出典 http://i0.wp.com

ロリータ・リッチさんは言います「私が思うに私は他の誰よりもバービー人形のルックスに到達できたと思っているの。」

「学校中の全ての男の子が私を誘惑してくるの、でも、誰一人として私がいいなと感じる人はいない、彼らはみんな私の好みじゃないわ。精神的にまだ幼いの。」

かなり毒舌な彼女ですが、目標にしてることは「リアルバービー人形」で有名になれたら、とてもハッピーで有名になった後は「精神科医」になりたいそうです。

世界中の男女が華麗な変身

こんな彼女に続けとばかりに、世界中の男女が華麗な変身をとげています、筆者の注目する女性は「ダコタ ローズ」さん(20)彼女はアメリカ出身で、日本語がものすごく上手なんです。

第二のローラ?「ダコタ ローズ」さん(20)

出典 YouTube

日本人受けする外国人、まるでローラさんみたいです。これからはどんどんテレビで見かけることになるでしょう。

ダコタ・ローズPopteenモデルデビュー!!

出典 YouTube

ええっ?本物なの「まるでお人形」のように可愛い

出典 http://i2.wp.com

ダコタローズ(Dakota Rose)

出典 http://i2.wp.com

生年月日:1995年9月19日
年齢:20歳
出身地:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
血液型:o型
瞳の色:青色
髪の毛の色:ダークブロンド
身長:162
スリーサイズ:74-55-78cm
靴のサイズ:22・5cm
デビュー:2012年
職業:モデル他タレント

男だってバービーに「セルソ・サンテバンス」さん

リアル・ケン人形

出典 http://i1.wp.com

リアル・ケン人形をご存知でしょうか?バービー人形のリカちゃんの彼氏、ケンにとても似ている男性のことで、またケン人形そっくりを目指して日々頑張っている人達です

ビックリするほどそっくりですね、人間を捨てて限りなく人形に近づくために整形手術を繰り返して、この顔を手に入れました。

整形手術費用570万円

出典 http://i1.wp.com

お肌ツルツルでお鼻はピーンととがって、唇はプックリ毛穴一つ見えない、完璧な人形になったセルソさん、胸板も凄かったようで「プラスチックボーイ」と呼ばれていたそうです。

“リアルケン”セルソさん死去

出典 http://i1.wp.com

バービー人形の恋人 “ケン” になりたいと570万円かけて整形した結果体調に変化がおこり ブラジルの “リアルケン”セルソさんは若くして(20)お亡くなりになりました。

ジャスティン・ジェッドリカさん

出典 http://i1.wp.com

リアル・ケン人形のジャスティン・ジェッドリカは、アメリカ3大テレビ局ABCでも特集された人物なんだそうです。

ジャスティン・ジェッドリカは149の美容整形を繰り返し、その額およそ約1700万円になったそうです、もう執念ですね!

「バービーの恋人ケン」

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

バービーの恋人といえばケンですよね。
二人が始めて出会ったのはCM撮影の時だったそうです、登場以来ずっとバービーと一緒なんていうイメージがあるのですが、理想のカップルとされているケンとバービーですが、実は一度は破局していました!43年間の関係を破局させたのはバービー側からだそうです。

ケンとは「バービーの恋人ケン」のことで、ケンがこの世に登場したのは、1961年3月11日のこと。驚くことに、バービーより2年と2日早く、完成していたそうです。

日本でリアルバービーと言えば「きゃりーぱみゅぱみゅ」?

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

日本でリアルバービーと言えば「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんを思いつきます、彼女の奇抜なファッション、メイク、ヘアースタイルどれをとってもリアルバービーですね、忘れてました名前も奇抜で覚えるのに半年くらいかかったような記憶が・・。(汗)

日本では「リカちゃん」がなじみが深い

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

リカちゃんが誕生したのは1967年、子どもたちに40年間以上愛されてきたのです、初代、2代目、3代目、4代目~とお子さんをお持ちのお母さんも、このリカちゃんとお話したり、遊んだりしてもらったことでしょう。

フルネームは香山リカ

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

リカちゃんは玩具のメーカーだったタカラから発売されたもので、日本の少女たちがより身近に感じられるようなファッションドールというテーマが掲げられ、小学生という設定と、小さな女の子の手の平の中に収まる身長21cmという大きさと、少女漫画のようなヒロインの顔立ちが採用されました、フルネームは香山リカです。

仮面ライダーや戦士ヒーロー

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

少女が人形で遊んでいる頃、男の子はヒーローに憧れていました、中には裕福な家庭で育った子供たちは、「変身用玩具」ライダーベルトを身に着けて、野原を駆けまわっていました。

夢は「宇宙に」

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

最近のヒーローは宇宙に飛び立ちます、子どもたちも狭い地球では物足りないのかもしれませんね。

男の子は、「美」より「カッコイイ」を求めます、いざ身近な人に何かとんでもないことがおきたとき、真っ先にかけより助けることで胸をときめかせています。

か弱い女性を守るのが、男の子の「美学」です。

ウルトラマンギンガ

出典 YouTube

筆者は、男に生まれたので「美」よりも「ヒーロー」を目指したことがありました(本気で:汗)中でもウルトラマンシリーズはかかさずみてました。

飛べたらいいな、大きくなりたい、そして強く!すでに50を大きくすぎて60になろうかという歳ですが、テレビでウルトラマンの画像が流れると目が釘付けになります。

やっぱりダコタローズちゃんは可愛い!

出典 YouTube

ダコタローズちゃんがお茶の間を賑わせるのは、時間の問題だと思います、あのローラちゃんの様に日本人に好まれそうな顔立ちと、嫌味のない喋りかた、もしかしたら今年あたりにブームになりそうな気がします。

みんなから愛される「世界一の美女になった」リアルバービーとは、ダコタローズちゃんだと思います(あくまでも筆者の好みです)

似顔絵が可愛い

そうそう、こんな感じです男目線だからでしょうか(汗)

ダコタローズみたいな女の子がいきなりおれに

男性なら、多くの人がそう思うでしょうね、異文化挨拶はハグから始まるのでしょうドキドキです。

ダコタローズプロデュース

ダコタローズちゃんが接客してくれるかもですよ ・・かもですね(笑)

まとめ

少女たちは漫画から抜け出てきたようなキャラクターのバービーになりたくて、もともと綺麗だったにもかかわらず、毎日「美」を追求するあまり危険な整形手術を繰り返し、命をおとした人もいました。

一方、少年たちはお化粧と言う概念がないので、極端な整形手術をするのではなく、大人になっても玩具で遊ぶまだまだお子様ですが、これでいいのだと思います。

筆者は女性たちには、素の魅力を知ってほしいと思います「素顔」のことです、女性は生まれて来た時からすでに「女」化粧をしたがるのも、本能からのこと、それは理解できます、しかし「美」を追求しすぎて元々もっている「素」の良い所まで捨てることは無いと思います。

筆者の偏見かも知れませんが、化粧をおとしたお風呂上がりの女性はとても魅力的で心惹かれます、キレイはお化粧までにとどめて下さい。

この記事を書いたユーザー

ゆきぼ このユーザーの他の記事を見る

長崎在住58歳です、映画を見ることが大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • テレビ
  • エンタメ
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス