「 最近の奴らは、やたら ひ弱で仕方ねぇ。チャラチャラと外見ばっかりカッコよく着飾ってるくせに、弱すぎて3日も持ちゃぁしねえじゃねーか。昔の2枚刃の頃は結構長持ちしてたのに、今の奴らは、とんと弱っちくて嘆かわしいよなぁ・・・。」とバスルームの鏡の妖精さんが嘆いておられます。

たしかに最近のカミソリは、刃の数だけは一丁前に、やれ4枚刃だの、5枚刃だのと威勢はいいが、以前に使っていた2枚刃のカミソリの頃よりも、全然刃の持ちが良くない。
少なくとも、1か月ぐらいは平気で剃り味が落ちずに使っていられた2枚刃に比べて、
最近のカミソリは1週間すら長持ちしやしない。

その上、やれスキンガードだの、スムーズなんちゃらで そり心地快適だの、皮膚保護用のガードする糸が付いていて「 切れてなーい!」とか言ってみたり、あっちこっち首振りしたり、おしゃれでカッコいいホルダーのデザインも、まるで今にもワープしそうな感じの宇宙戦艦のようである。
なかには、電池が入っていて電動でブルブル震えて、髭の剃りを良くしようと工夫してるものまであるが、そんなに深剃りできてるような実感はない。

そのくせ、あんなに刃が弱いから、しょっちゅう新品の刃に買い替えなきゃならない。
しかもその替え刃がみそで、カミソリのホルダー部分は『 替え刃2本付だから 今だけお買い得!」とセットで安売りするくせに、いざ替え刃のみを買おうと思うと、4本セットでも8本セットでも、驚くほど高額で、どこの店に行ってみても定価売りで、替え刃だけを特価で安く売ってる所は見当たらない。

やれチタン合金だとか、ゲルマニュームだのと、いかにも長持ちしそうな刃の強さを期待させる素材は使っているのに、さっぱり刃の強度も実感できないし、持続性も脆弱で仕方がない。

最初はホルダーとセットで安売りして、一度自社の製品を使わせておいて、後はカミソリの替え刃を高く売りつけてそれでまんまと儲けようって算段である。

カミソリメーカーも、どこぞの携帯会社と同じ発想で、顧客に一度自分の会社の製品を使わせて、あとは使い続けさせておいて、他の会社の製品に顧客をとられないようにする姑息なやり方も、儲け優先の企業の策略なのだ。

「 どうかお願いだから、カミソリメーカーさん、目先の儲けにばかり夢中になっていないで、長持ちする替え刃の製品を開発してくれないと、そのうち他のメーカーの製品に乗り換えちゃうかもしれませんよ。」と、我が家のバスルームの鏡の妖精さんがおっしゃってましたよ。


この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら