京阪5000系電車ってどんな電車?

出典 https://www.keihan.co.jp

京阪5000系電車は、扉が5つついているのですが、そのうちの2つが「ラッシュ用ドア」となっており、混雑時にも便利と評価の高い電車です。

ラッシュ時の混雑緩和、特に乗降時間の短縮を目的としたユニークな5扉車両です。逆に、閑散時間帯は2扉を閉め切り、格納していた座席を復して、座席定員を増やすという離れ業を可能としました。
当社初のアルミ合金製車体、集約分散式ユニットクーラ、ヒートポンプ式クーラによる暖房、全電気指令式ブレーキ装置およびIC無接点制御装置など数々の新技術を採用しました。
平成9年から内装の一新、バリアフリー化および制御装置の8M1C・添加励磁・回生ブレーキ化など車体改修工事を実施しました。

出典 https://www.keihan.co.jp

日本で唯一座席昇降機構を備え、2扉を閉鎖して3扉車としても使用できる席作り

出典 https://ja.wikipedia.org

電車のラッシュ時には、なんと椅子が昇降しちゃうとか?
必要な時は天井から椅子が降ってくる電車は、ココだけ!

当初より昇圧を前提として設計され、また京阪としては初採用となる全電気指令式ブレーキを採用されるなど、重要な技術革新が盛り込まれている。このため、本系列は1983年(昭和58年)の京阪線架線電圧昇圧時にはほとんど改造なしに昇圧が実施されている。また、旧700系の車体を再利用して代替新造された1000系においても本系列と同系の主要機器が採用されている。
制御器[編集]

出典 https://ja.wikipedia.org

また、最新技術を駆使した作りは、他の鉄道に負けていないとか。

この昇格式イスシステムに、鉄道ファンも大喜びらしい

出典 http://www.amazon.co.jp

日本で初めて、片側に両開き5扉を備えた車両となった5000系。もちろん、座席昇降機構を備えている電車も、日本では5000系のみなのだとか。そのため、誕生から40年以上たった今でも、座席が上下する瞬間を見ようと足を運ぶ鉄道ファンがいるとのこと。

出典 http://news.mynavi.jp

この座席昇降システムは、ここだけでしか味わえない為、全国の鉄道マニアがこぞって足を運ぶことでも知られている鉄道です。

混雑した時などにあわせて椅子を昇降させちゃう電車は、満員電車から私達を救ってくれるのかもしれない

出典 http://news.mynavi.jp

必要な時だけ、天井から椅子を下ろすシステムを取り入れた京阪5000は混雑から私達を守ってくれる素敵な電車なのかもしれません。
通勤ラッシュも気持ちよく電車に乗れるように、これからも益々電車の文明は変わっていくのかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス