住居における排水トラップ

戸建てやマンションに限らず、我々が普通に暮らしている家の中で、
不定期にふっと、「なんか臭い!」という経験、ありませんか?

おそらく一番多いのは、汚水・下水系臭気だと思います。

筆者は、国家資格の臭気判定士として、消臭や脱臭のお仕事を
専門に行っている「クサイに挑むプロフェッショナル」ですが、
先日、ご家庭で臭気調査をしている時に、
「このシンクの下の管って、なんでこう、うねって曲がっているのですか?」
と聞かれた事があります。


このうねってなっている部分

家の中で、水を使えば、必ずその水は、排水しなくてはなりません。
トイレ。お風呂。洗濯機。洗面所。台所。
これらは全て、下水道や浄化槽といったところに排水されていきます。

という事はですよ。
もしその排水管の途中に何もなかったとしたら・・。

下水道や浄化槽のニオイが、そのまま管を伝って、
家の中に侵入してしまいますよね!

ニオイだけでも嫌なのに、害虫なども管を通って
家の中に入ってきてしまいます・・。

なので、トイレの便器には水が張ってありますし、
台所はお椀のような排水トラップ、洗面所はU字やS字のトラップが
構造として設置されているという事なんです。

きっちり、排水トラップが効いていれば、
原則として、下水のニオイが家の中に侵入してくるケースはないです。

ニオイが気になる時は、まず、排水トラップの水が溜まっているか、
確認するようにして下さい。

トラップが確認できない時は、十分な水を流して
排水トラップに水を溜めましょう。

あと、長い間、家の留守にしていた後などは、
この排水トラップが蒸発してなくなっている可能性もあります。
旅行等から帰宅した時だけニオイが気になる場合は、
水回りには全て、水を流してあげると良いでしょう。

さらに、最近の住宅は高気密・高断熱であり、
気密性が高いので、その関係で一時的に排水トラップが
なくなってしまう現象も懸念されます。

マンションなどで、朝、皆がトイレや朝風呂、朝食後の片づけ等で
大量の水を使用する時などは、特に発生しやすいタイミングです。

そういう現象を避ける為に、通気口や通気弁が設置されているのですが、
特定の時間帯でニオイが気になる場合は、圧力バランスが崩れている事により
排水トラップが一時的になくなっている可能性もあります。

その他、排水トラップが正常なのに、不定期あるいは常時、
汚水や下水系臭気が気になる場合は、臭気調査の専門会社
依頼してみると良いかと思います。

この記事を書いたユーザー

におい刑事(デカ) このユーザーの他の記事を見る

南山大学経済学部卒業後、一般企業を経て2003年10月(当時27歳)に、祖父が寝たきりだった病室の「ニオイの記憶」と、大学時代に専攻した環境経済学を生かし、有限会社共生エアテクノ(現:共生エアテクノ)を起業。
「深呼吸空間の創造」をミッションに掲げ、「ニオイ」に特化した専門企業として毎月100件以上のお問い合わせに対応する「クサイに挑むプロフェッショナル」である。
臭気判定士(国家資格)として、大きな工場の臭気対策から日常に潜む身近なニオイのトラブルまで、大手デベロッパー、設計会社、国立・私立病院、さらには一般家庭まで網羅し、特に産業工場には詳しい。
一方で「におい刑事(デカ)/商標登録済み」というブランディングを確立し、テレビやラジオ、雑誌等でも幅広く活動する事で、ミッション遂行や臭気判定士の社会的地位向上にも貢献している。

権利侵害申告はこちら