【気付くことの大切さ】

生きる希望をなくし消えてしまいたいと思っていませんか?
そんなあなたの疲れた心にアドバイス
clover leaf 元お坊さんの心理カウンセラー 心の調律師 末廣 真證です。

普段何気なくしている思考や行動。周りの誰かに言われて自分のことなのに初めて気付くことってありますよね。

例えばイライラしている時、無意識に親指の爪を噛んでしまう人。
つい反射的にイライラしたら爪を噛むという反応をしてしまっているのです。

無意識でやっているので、本人は何も違和感がありません。

しかし、他の誰かに「イライラしてる時、いつも爪噛むよね。」と言われたら、自分でも「確かに爪噛んでるかも…」と思います。

それが「気づき」というものです。
そこでイライラした時、爪を噛むのをやめようと思う人もいれば、思わない人もいます。

やめようとする事も、そのまま気にせず噛み続けるのも、どちらもあなたの判断なのでどちらも正解だと思います。まずは「気づく事」が大切なのです。

無意識の域から意識の域に入る事によって、自分というものを認知できるのです。
これはなにも癖の話だけではなく心や思考も同じです。

無意識に反応している事に対して、意識をする事で心や生き方が楽になるのです。

もし、自分自身を苦しめているものが自分の無意識の中での思い込みだとしたら?
本当にそれは真実なのでしょうか?

もしあなたの心が息苦しいと思っている事があるのならば、一度自分が無意識で考えている事を疑ってみてはいかがでしょうか?

「本当に私は不幸なのかな?」
「本当に私は寂しいのかな?」
「本当に私は病気なのかな?」

と、考える事でもしかしたら何かに気づくかもしれませんよ。

「考えたらそんなに私不幸じゃないかも!」
「そんなに寂しい事じゃなかったかも!」
「病気と思ってたけどただの思い込みだったかも!」

少し視点を変えたら気づく事も、たくさんあります。
あなたが無意識に思って心苦しくなっている事…一度疑ってみてはいかがですか?

この記事を書いたユーザー

clover leaf 元お坊さんの心理カウンセラー 心の調律師 末廣 真證 このユーザーの他の記事を見る

clover leaf
元お坊さんの心理カウンセラー
心の調律師 末廣 真證です。

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス