▼ ドジャース前田健太がデビュー戦で初勝利!

ドジャースの前田健太が現地時間6日のパドレス戦で初先発、6回を投げて5安打、無失点、4奪三振、無四球、84球でマウンドを降り、7-0で初勝利をつかみました。

先発投手としてのしっかりと役割を果たした前田健太ですが、打者としても4回の先頭打者で打席に立ち、自らレフトにソロ本塁打

球場全体が大歓声に包まれ、ベンチに帰るとチームメートからの手荒い祝福。前田健太も笑顔であふれていました。

初ホームランの動画がこちら

前田健太は広島時代、2008年と2015年に1本ずつホームランを放っており今回が自身3本目。メジャーでの日本人投手のホームランは、野茂英雄、吉井理人、石井一久に続く4人目の快挙となりました。

▼ アメリカは「マエケン祭り」状態

実は前田健太の一発がドジャースにとって"チーム第1号"のホームラン。鮮烈なデビューを果たした前田健太の活躍にアメリカでは「マエケン祭り」が起きています。ファンからは「彼をキング・ケンタと呼ぶんだ」とメッセージも寄せられました。

クラブの公式ツイッターや同僚、伝説的なバスケットボール選手でドジャース共同オーナーのマジック・ジョンソン氏も今季チーム初本塁打をツイッターで祝福

出典 http://news.livedoor.com

チームメイトがマエケンのパワーを賞賛

前田の投打に渡るセンセーショナルな活躍を、MLB公式サイトは「A legend is Maeda(伝説が誕生した)」「Maeda in Japan」などと、前田の名前を「Made」とかけて大々的に紹介

出典 http://www.jsports.co.jp

ドジャース公式ツイッターも日本語で”ホームラン”

▼ 実は前田健太はPL高校の4番だった

前田健太の出身高校はPL学園。メジャーでも活躍した松井稼頭央、福留孝介を始め、数々のプロ野球選手を輩出している超名門高校です。
ピッチャーとして春のセンバツ甲子園で準決勝に進出するなど、高校時代にも数々の実績を残しています。

そんな前田ですが、実はPL学園の4番も務めており、高校通算27本の本塁打を放っています。15年10月2日の中日戦でホームランを放った際はお立ち台でこんな一言も。

「前も言ったと思いますが、PLの4番でした(笑)」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

さすが元PLの4番はダテじゃないです。

▼ 今後の活躍にますます目が離せない!

デビュー戦を見事勝利した前田。ゲームセットの瞬間、満面の笑顔でベンチを飛び出していました。

メジャー初本塁打まで記録した前田は、試合後、「ここに来て良かった」と、感動を隠さなかった。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ドジャースとは8年2500万ドル(約30億円)をベースに最大8120万ドル(約97億円)という高額のインセンティブ(出来高)を織り込んだ異例の契約を結んでいます。今後の活躍しだいでは、高額のインセンティブを獲得することも可能。これからの前田健太にますます注目です!

この記事を書いたユーザー

taitanikuo このユーザーの他の記事を見る

メーカー勤務の20代男性です。お笑い(特にメイプル超合金)が大好きで、気になったエンタメニュースを分かり易く紹介していきます。

得意ジャンル
  • 話題
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス