筆者、延べ15年ほど「ロン毛」で闘ってきました

出典閉店専属写真家「サワ」氏撮影

今回の投稿では、筆者が似合うかどうかなど、まるで気にしていないのですが、「ロン毛」に拘って生きている理由を、皆様に説明させて頂こうと思います。

筆者の意見を書いていきますが、筆者以外の「ロン毛」の方も、もしかしたら同じような理由で髪を伸ばしているかも知れません。いずれにせよ、最後まで読んで頂くことにより、「なるほど、ロン毛の人は、色々考えてるのねぇ…」と思って頂ける見込みです。

宜しくどうぞお付き合い下さい。

1・ロックが好きだから

Licensed by gettyimages ®

写真のエアロスミスのメンバー達もそうですが、ロックスターは長髪の人が多いものです。そして、その髪を振り乱しながら歌ったり演奏したりするステージングに、筆者は若い頃から憧れていました。

ワイルドでハードロック的なイメージのある長髪の大人の男に、筆者はまだなれていませんが、目指しているスタイルということです。

ロックが好きな人が髪の毛を伸ばしたいというのは、割と多数派の意見なのではないでしょうか?古くはビートルズもストーンズも、メンバーは長髪の人が多いです。そしてステージを走り回りながら髪を激しく揺らす…。まさにロックなのです!

2・校則が厳しかったから

Licensed by gettyimages ®

筆者、男子校で厳しい中高一貫校の出身です。高校時代に昭和から平成になりました。世の中はバブル経済に沸いていましたが、高校生は時給500円~700円くらいでバイトをしたものです。

話は逸れましたが戻します。当時校則が社会問題になるほど厳しかった時代です。今思い出しても全く納得がいきません。学校は刑務所なのかと思うほどです。

毎月朝礼でハサミを持った体育教師が、頭髪検査を行います。制服検査も行います。髪は伸びていると激しく怒られますし、改造制服だとその場で脱がされて、パンツ一丁で教室に戻るなどということもありました。

今でも覚えてます。生徒手帳に「本校の学生の頭髪は、眉につかず、耳につかず、襟につかない、学生らしい刈り上げ気味のサッパリとしたものとすること」と書いてありました。

何すか?「学生らしい」とか「刈り上げ気味」とか「サッパリ」とか…

髪が長いと学生らしくない…。気味?って…。サッパリ??何が言いたいか、それこそ「サッパリ」わかりませんよ!

と思っているうちに、そういう気持ちが筆者の反骨心を激しく育てます。「大人の支配下」で「命令されている」短髪など、卒業したら一生しないぞ!と思うようになりました。

筆者、頭髪検査をした当時の体育教師や、憎くて仕方のなかった当時の担任の教師より、圧倒的に年上になりましたが、まだ、あの時の「大人」が許せない気持ちでいっぱいです(笑)だから髪を伸ばします…。

3・支配されていない証として

Licensed by gettyimages ®

ロックが好きでも、学校の頭髪検査が厳しくて髪を伸ばせなかったことなどもあり、大学に入ったら、髪を金色に染めて伸ばそうと決めていました。ひとしきり自分で思い通りにしてみると、一旦気持ちが落ち着きました。就職活動の際に髪を切りました。

会社に入ると、自由な社風だったので、流石に高校ほどは厳しくありません。パーマも多少の長髪や染め毛も大丈夫でした。勿論営業職なので限度はありますが、取り敢えずは満足したこともありました。

その後転職をしたり、思ったほど社内での評価が上がらなくなった頃、髪を伸ばしたいと再び強く思うようになりました。独立起業を夢見ていましたから、そうすれば出来ることは知っていましたが、それを急ぎたくなってきました。

組織の中にいると、規則などに支配されます。結局は高校と同じでした。筆者の自由な髪形など、許されないのです。

不本意な髪型は、「支配の証」と思うようになりました。自由を手に入れたい!そのための責任は覚悟しますから!と思いました。

「自由を勝ち取った責任をとれる男!」を表現したいので、筆者、髪を伸ばします!

いかがでしたか?

出典経営コンサルタント内海透氏撮影

ということで、筆者の髪を伸ばして「ロン毛」にする理由のいくつかを発表させて頂きました。他の「ロン毛」の方には、また違った理由があることと思いますが、どこかに筆者と同じような「反骨心」があるのではないかと思います。

「ロン毛」にすることにより、モテるとか、格好いいとか、そんなことはあまりないのだと思います。一過性の流行りで伸ばしているのではなく、表現の自由と、それに対しての責任を負いながら、「ロン毛」人生を歩みます。

読者の皆様の近くにも、「ロン毛」の方はいると思います。それぞれ何か考えがあってのことだと思います。是非ご理解下さいますようお願い致します。あと、校則や社内規則などで、あまり髪型とかにうるさく言うのは止めてもらいたいですね!筆者のように無駄な反骨心が多くの人に芽生えてしまいます(笑)

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら