サッカーで絶好の得点チャンスの一つPK。テレビなどで見ているとゴールに近くて、しかもキーパーと一対一。決められないわけがないと思われがちですが、実際に蹴る選手は外せないプレッシャーからかゴールが凄く小さく感じると聞いたことがあります。

そんなPKにおけるフェイント動画が「これは絶対キーパーはひっかかる」と話題になっています。それは果たしてどんなフェイントなのか?

まずは、動画をご覧ください。

出典 YouTube

蹴る瞬間スローモーションになるのでお分かりいただけたと思います。キーパーは完全に右足でシュートを打ってくると思ってたところ、キッカーは踏み込んだ軸足でボールを蹴っています。キッカーの体勢からある程度予測して動くキーパーは完全に裏をかかれてしまっています。

キッカーが助走をはじめます

出典 https://www.youtube.com

どの選手もそうですが、ある程度ボールを蹴る前には助走をとります。

シュート体勢に入る

出典 https://www.youtube.com

キッカーがシュート体勢に入ります。基本的にはこの体制からは右足でシュートを打ってくるとキーパーは予想します。

まさかの軸足でシュート

出典 https://www.youtube.com

右足でシュートするため、踏み込まれた本来は軸足となる左足でボールを蹴っています。

キーパーは左側と予測していたが・・・

出典 https://www.youtube.com

キッカーの体勢からゴール左側(キーパーの右側)に蹴ってくると思い、キーパーはすでに左側へ体勢を傾けています。

ボールはキーパーと逆方向へ

出典 https://www.youtube.com

しかし、本来軸足となるはずの左足で蹴りだされたボールは、キーパーの飛んだ方とは逆のゴール右側へ。

見事にゴール!!

出典 https://www.youtube.com

ボールは見事にゴールネットを揺らしました。完全に裏をかかれたキーパーはなすすべもありません。

確かにこれは引っかかりますね。ただ、通常のシュートを打ってくるとキーパーに錯覚させなければいけないので、キーパーが動きに違和感を感じてはバレてしまいます。この動画のキッカーも軸足でボールを蹴った後、通常のシュートを打つようにしっかりと右足を振り抜いています。

また、軸足で打つのでシュートの威力も落ちます。あまりにボールが遅ければ、体勢を立て直したキーパーに止められてしまう可能性もあることから、ある程度の球速も求められます。

以上のことから、一見簡単に出来そうなフェイントですが、なかなか難易度は高いのではないかと個人的には思っております。決まればカッコいいですが、リスクも伴いそうですね。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら