4月になり新生活スタート!

お引越しされた人は、この時期はまだ段ボールに囲まれながら、
生活されている場合も多いかと思われます。

引っ越しといえば『引っ越しそば』

お引っ越しといえばみんなで『引っ越しそば』を食べると思っている方も多いかと思います。

たとえば『年越しそば』は年末にみんなで食べますからね。

実は引っ越しそばは食べるのではなく
配るものだったのです。

お引越しされた人なら経験があると思いますが、
引っ越した先で「これからお世話になります」という挨拶と一緒に、
タオルなどの日常品をお渡ししますよね。

しかし昔はお蕎麦を配ったようです。

『引っ越しそば』の由来とは?

江戸時代から始まった『引っ越しそば』

出典 http://www.amazon.co.jp

元々は江戸時代が始まりで、「細く、長く、切れない」や「末永くおそばにいたい」といった、お付き合いという意味合いが込められていて、「おそばに引越してきました」のような、江戸ならではの洒落言葉にかけたものといわれている。

出典 http://hikkoshi.suumo.jp

おそば以前は小豆入り餅やお粥だった

Licensed by gettyimages ®

また、当時は引越しの際に、小豆入りのお餅やお粥などを入れて振る舞うのが慣わしだったが、小豆は高価な代物であったため、代わりに安価なそばが振る舞われるようになったともいわれている。

出典 http://hikkoshi.suumo.jp

現在は食べる方が多い?

現在はタオルや洗剤などの日常品をご近所にお渡しして、
おそばは引っ越しのお手伝いをしてくれた人たちや家族で食べるのが主流だそうです。

食と住を結びつけた合理的な慣わし。だから引越しそばを食べよう

出典 http://hikkoshi.suumo.jp

人が生きていくための基本の『衣食住』

Licensed by gettyimages ®

現実的に引越し当日はバタバタしたり事前準備も大変だったりするため、引越しそば自体を食べる人が少なくなっているのが現在の傾向だ。しかし、違う見方をすれば、人が生きていく上で基本となる「衣食住」の始まりのようなものであるといえる。
つまり引越しそばとは、食べること自体が目的ではなく、新しいところに越してきましたという挨拶や、これから生きていく上で大切な食の準備をするという動作のようなものである。
生きていく上で欠かせない、食と住を結びつけた合理的な慣わし。面倒だがそこにはちゃんとした理由があったのだ。

出典 http://hikkoshi.suumo.jp

いかがでしたでしょうか

最近では『そばアレルギー』などもありますので、
あまり親しくない方への贈り物には気が引けるところもあります。

しかし昔ながらのお蕎麦を贈るのも、また素敵だと思いました。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら