憧れの「白い歯」

Licensed by gettyimages ®

「芸能人は、歯が命」

そのような流行語もあったぐらい、歯は印象を大きく左右するものです。歯を白くするといえば「ホワイトニング」を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、歯のクリーニングとホワイトニング、それぞれの役目をご存知でしょうか。

今日は、2つの違いを中心にご紹介します。

歯のクリーニングとは…。

Licensed by gettyimages ®

主に、一般歯科や予防歯科、矯正歯科などで受けることができる「歯のクリーニング」は、虫歯の予防にも繋がる「歯の健康を守るためにも定期的に受診しておきたいもの」です。

歯のクリーニングは、歯の表面に付いた汚れ(茶渋、タバコのヤニなど)を取り除くことで、歯をきれいにします。

出典 http://www.igarashi-smile.jp

つまり「色素沈着などで歯の色がくすんでいる場合、歯の本来の白さ」を取り戻すのに効果があります。虫歯予防だけではなく、コーヒーや紅茶などを飲んで、歯が黄ばみやすい方にも効果があります。

ホワイトニングは、歯の内部を白くする。

Licensed by gettyimages ®

歯のクリーニングは、あくまでも表面についた汚れを取っていくものですので、元々の歯の白さ以上に、歯を白くすることはできませんが、ホワイトニングであれば、治療を継続することで歯の白さをアップ&キープすることができます。

ホワイトニングは、歯の表面にホワイトニングジェルを塗り、歯の内部を白く(漂白)することで歯の色自体を白く明るくします。

出典 http://www.igarashi-smile.jp

ただし、ホワイトニングには「虫歯予防」やプラーク除去をすることはできません。

ホワイトニングと、クリーニングの使い方は…。

Licensed by gettyimages ®

それでは、どのような施術をするのが一番良いのでしょうか。

歯の色が気になる場合には、その原因が歯内部の着色か歯の表面の着色かによって、治療法(ホワイトニング/クリーニング)が変わります。歯の表面に汚れが付いていて歯自体の色も改善する必要がある場合は、歯のクリーニングを行ってからホワイトニングを行います。

出典 http://www.igarashi-smile.jp

歯の表面に汚れが付いている状態でホワイトニングをしても、理想的な効果はでづらいと言われています。最初はクリーニング、そのあとにホワイトニングを受けることが良いでしょう。

歯を白くするには、毎日の歯ブラシから。

Licensed by gettyimages ®

歯の白さと美しさをキープするには、歯医者さんでケアをするだけではなく、毎日の歯ブラシが最も重要です。毎日のケアと、歯医者さんでのメンテナンスを上手に併用して、綺麗な歯をキープしましょうね。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら