2006年の本広克行監督のUDON公開以降、10年
立ちますが香川県はうどん県としての観光アピールをまだまだしていっています。
うどん巡りや観光などで県外の方が入り口の前で写真を撮っているのを見掛けることも多くなってきてます。

と同時に注文の仕方で困っている方もよく見ます。
地元の方は「ぶっかけひやしょう」「かけだいそのまま」など
専門用語みたいな頼み方をするのでマネして自分の本当に食べたいうどんに辿り着けない方もいたのではないでしょうか?

ざっくりと分けると
「かけ」「ぶっかけ」「かまあげ」「ざる」
の4種類に分かれます。

まずは「かけ」
うどんに出し汁をかけただけのもっともポピュラーな種類。
ひや→冷たいうどん
あつ→熱いうどん
そのまま→冷たいうどんに熱い出し汁をかけたもの
                猫舌の方にオススメです。

次に「ぶっかけ」
ラーメンでいう担々麺みたいなものです。
うどんに濃い口の出し汁をかけてたべます。
「かけ」よりもコシがあります。

最後に「かまあげ」
「かけ」との違いは釜から直接茹であがった状態で食べます。
よって熱いのしか食べれません。
「かけ」は一度釜で茹でたのを一玉ずつ分けて置いて注文と同時に冷やすか温めるかをします。
有名な「かまたま」はかまあげに卵を混ぜて出し汁をかけたものです。

最近ではセルフ(自分で注文してレジで受け取りお会計してテーブルに座るスタイル)以外のお店も増えてきて県外の方にも頼みやすくなってきています。
やはり地元民としてはセルフの本当に美味しいお店で食べて頂きたい。
美味しいお店は大型連休などでは定休日にすることが多いです。
ご近所迷惑になるからです。
まさかの理由ですが本当です。
ご近所さんを大切にしての商売ですから。

しかし、そういったお店こそおいしい。
本当においしい。
なのでぜひ食べに来てください。

この記事を書いたユーザー

といとい このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいだだきありがとうございます。
美容師してます二児パパです。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 育児
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら