数あるムーミングッズの中でも特に魅力的な、「MOOMIN TRIBUTE WORKS(ムーミントリビュートワークス)」のハンカチをご紹介します♪

本でも大人気のキャラクター、ムーミン。フィンランドを代表する芸術家のトーベ・ヤンソンが手掛けた童話の主人公です。不思議ないきもの、ムーミンと、その家族や仲間たちといった、個性豊かな面々が活躍する物語は世界的に大ヒット。小説や絵本、マンガ、アニメーションと様々なスタイルで楽しまれてきました。2017年には、ムーミン谷をモチーフにしたテーマパークが、本国のフィンランド以外で初めて日本の埼玉県に作られることが決定。そのニュースを通して、日本国内のムーミンファンの多さも、改めて認識させられました。
長年、愛されてきたムーミンは、キャラクターグッズも多数展開しています。よりどりみどりといった状態ではありますが、数あるアイテムの中でも際立って魅力的なのが、本日ご紹介する「MOOMIN TRIBUTE WORKS(ムーミントリビュートワークス)」のハンカチ。

出典 http://kuraline.jp

ムーミン/ハンカチ ママの壁紙・オレンジ

圧倒されるほどの、鮮やかな色彩と緻密なイラスト。目にした瞬間、心をわしづかまれました。

この、ずっと眺めていたくなるハンカチの絵を描いたのは、テキスタイルデザイナーの鈴木マサルさんです。鈴木さんは、北欧ブランドの代表的存在である「marimekko(マリメッコ)」でもテキスタイルのデザインを担当しています。鈴木マサルさんと、国産の上質な素材を扱っていて、かつグラフィカルなデザインが得意なファブリックメーカーの「QUARTER REPORT(クォーターリポート)」による共同プロジェクトが「MOOMIN TRIBUTE WORKS」。ムーミンの原作がもつ世界観を踏襲したオリジナルストーリーを描き、ハンカチをはじめとするアイテムに落とし込んでいます。

力強く、奥深い色合いは、版を重ねて色を出していく「重版」という技法から生まれました。穏やかな中にもパワーを感じる色づかいが、北欧らしさたっぷり。

また、ムーミン谷で暮らす小さな生きものたちの世界を表現するのにはふさわしい、細かな筆づかいも見事です。
絵の繊細さと豊かな色彩に、トーベ・ヤンソンの子孫であるソフィア・ヤンソンも「本人が描いたオリジナル以外ではベスト」と手放しで賞賛したそう。

出典 http://kuraline.jp

ムーミン/ハンカチ ニョロニョロの種・イエロー

イラストは全部で6種類。それぞれ2色ずつ、計12種類用意されています。どれもムーミン谷の仲間達への愛情が伝わる絵柄ばかりです。スペースの関係で全てのプリントがご紹介できないのが残念なのですが、ぜひリンネル公式通販「kuraline」で他のアイテムもご覧ください!全部、そばに置いておきたくなるはずですよ。

© Moomin Characters™

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら