極上パンのお供にしたい、北欧発のカッティングボードとバターナイフのセットなどをご紹介♪

ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」編集者がフランス・パリで一番食べたいものがバゲット、ひらたく言えばフランスパンです。パリっ子の日常食でもあるバゲットは、現地在住の人たちも並々ならぬ思い入れがある一品。バゲットにかける熱い情熱から、毎年、その年のナンバー1バゲットを決めるバゲット・コンクールも開かれています。そのコンクールで見事1位に選ばれたブーランジェリーは、パリ首相官邸へ毎朝焼き立てパンを届けるという名誉ある役目を担うことになります。実は「treasures」編集部近くにあるパン店「ル・グルニエ・ア・パン」のパリ本店も、このバゲット・コンクールで優勝したことがあるんです。毎朝、店の近くには焼き立てパンの香ばしい香りがただよっていて、横を通り過ぎるだけで幸せを感じてしまいます…。

前置きが長くなりましたが、本日ご紹介したいのは、そんな極上パンのお供にしたいアイテム。

出典 http://kuraline.jp

Skandinavisk Hemslojd/カッティングボード&バターナイフセット

目にしただけで心が躍る、愛らしいカッティングボードとバターナイフのセットです。制作したのは北欧スカンジナビアの熟練職人。「Skandinavisk Hemslojd(スカンディナビスクヘムスロイド)」というブランドのアイテムです。
馬を彫り込んだものと羊を彫ったもの、2種類が用意されています。
ヨコ約19cm×タテ約12cmとコンパクトなので、パンやチーズを切りたい時にお役立ち。
見た目が素敵なだけではなく、本体には殺菌効果が期待できて丈夫なハンノキの天然木を使用した実力派なのです。

出典 http://kuraline.jp

Skandinavisk Hemslojd/ブレッドバスケット

素敵なカッティングボード&バターナイフが手に入ったら、一緒にそろえたいのが天然木で作ったブレッドバスケット。こちらもスウェーデンの木工職人がひとつずつ手作業で仕上げています。ストックしているパンの置き場としてはもちろん、パーティでサンドイッチやカナッペを並べるのにも重宝しそう。果物入れや食器の収納場所にしてもOK。持ち手が付いているので、トレイとしても使えます。

どちらも自然の素材を使っているので、時が経つにつれて趣が増すのも魅力。使うたびにときめきそうな、北欧風のパングッズ。これらがあれば、毎日の朝食タイムが、もっと楽しみになりそうですね!リンネル公式通販「kuraline」で取り扱い中です。

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス