このCMの背景には殺処分という大きな問題が隠れている。



自分たちに赤ちゃんが産まれたから世話ができない。とか、アレルギーが出てしまったから。引っ越すことになったから。

などの理由から、飼っていた犬や猫を保健所へ持ち込んで処分してもらおうという人間が増えています。

けれど一般的に結婚して、夫婦が暮らしていけば将来子供が産まれることは予想できたはず。

引っ越すことになったとしてもペット可の賃貸物件も増えてきています。

アレルギーは仕方がないとしても、保健所へ持ち込むのではなく、家族として暮らしていたのなら、その子の幸せを願い、新しい家族を探してもいいのではないでしょうか?

「ある犬のおはなし」

ある犬のおはなし

出典 YouTube

ある日この子はいつものお出かけだと喜んで飼い主さんに連れられてここへ来ました。
その先に待っていたものは・・・・。

この動画は殺処分ゼロを願って作られた動画です。
絵本も出版されています。

Facebookで150万「いいね!」を獲得した殺処分ゼロを願って作られた手作り絵本、待望の書籍化。

安楽死なんて存在しない殺処分の世界

「保健所へ持ち込めば安楽死してもらえるんでしょ?」

と言いながらわが子を置き去りにする信じられない飼い主さんも多いと聞きます。
しかし、保健所には安楽死などありません。

「二酸化酸素による窒息死」です。

しかも、15分物間苦しみもがきながらあわを吹いて死んでいきます。

それでも生き残ってしまう子たちは、息があるまま焼却炉に・・。

なんてむごいことが行われているのでしょうか・・・。

家族として幸せに暮らす姿

本当ならどの子もこんな風に幸せに暮らすために産まれてきたはずです。

かわいい猫と犬は赤ちゃんが大好きです。

出典 YouTube

人間の赤ちゃんをわが子のように可愛がる動物たち。

This Rescue Dog Adopted Two Abandoned Ducklings

出典 YouTube

あひるの赤ちゃんとも仲良く。

じーんと心に響く神CMと絶賛されるAmazon PrimeのCMとは

本当は家族とはこうあってほしいという思いがあふれる

海外メディアからも注目されているという
Amazon PrimeのCMをゆっくりご覧ください。

Amazon Prime Commercial "Lion" (Japan)

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス