ここ数年、若い俳優さん達ががんばっていますね。
ドラマで主役を張ることも多くなってきました。

振り返ってみると、数年前に彼・彼女たちは「ネクストブレイク」俳優・女優として注目されていました。
そこでオリコンスタイルから毎年発表される「ネクストブレイクランキング」を検証し、本当にブレイクしたのかどうか見てみたいと思います。
今回はその2014年版(2014.1.17発表)です。

俳優部門
第1位 福士蒼汰さん
言わずと知れたトップ俳優になりましたね。
デビューは2011年の日本テレビ系のドラマ「美咲ナンバーワン!!」。
その後、「仮面ライダーフォーゼ」に主役として出演してました。
なので2011年時点で注目株だったことは間違いありません。
現に「2013年版」でも第1位でした(笑)。
ただ「あまちゃん」が2013年なので、その意味では2013年版の1位はお見事でした。

第2位 斎藤工さん
こちらも主役を張るトップ俳優ですね。
2002年から俳優として活躍していますが、大ブレイクとなったフジテレビ系ドラマ「昼顔」あ2014年7月ですから、ある意味当たっていますね。
ただ本人も言っていましたが、5年くらいずっと「ネクストブレイク俳優」と言われてきた経緯があります(笑)。
でももう「ネクスト」とは言わせませんよね。

第3位 東出昌大さん
2013年のNHK朝のテレビ小説「ごちそうさん」で知られるトップ俳優さんです。
デビューは2012年の映画「桐島、部活やめるってよ」。
で、2013年版の「ネクストブレイク」では第4位になっています。
それから「あまちゃん」「ごちそうさん」と朝ドラ出演が続き、すっかりブレイクしましたね。
こちらも福士蒼汰さんと同じで、2014年版よりも2013年版の的中としたいところです(笑)。

第4位 三浦翔平さん
2008年の「ごくせん」第3シリーズから、最新作の「ダメな私に恋してください」まで注目されるドラマに出演し続けています。
「ホテル・コンシェルジュ」「極悪がんぼ」「エンジェル・ハート」など個性的な役も多くなってきました。

第5位 神木隆之介さん
天才子役として知られる神木さん。ブレイクと言うよりもコンスタントにドラマや映画に出演していますね。
子役は一端底に沈む、などと言われますが、神木隆之介さんにはそんな時期はなかったかのように思います。
「ネクストブレイク」というよりも「オールウェイズブレイク」だったのでは、なんて思いますが、どうでしょう…。

次は6位から10位までを記事にしたいと思います。

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら