いよいよ4月も始まり、新しい学校生活のスタートを切る子ども達。

小学校の準備には、何をしておくことが必要なの?
もし、やらせるとしたらどんなこと?

なんて、不安になっている親御さんはいませんか。

そんな親御さん達に言いたいこと。

それは…

ひらがなの練習は、あえてしない。

なぜなら、小学校にあがったら、ひらがなを一つ一つ正しく書くことを勉強します。
なので、子どもにとったら2度手間でしかありません。

せっかく授業で習っても、
「そんなの知ってる!」となっては、せっかく新しいことを学ぶのに喜びも感じられませんよね。

ですから、子どもが自然に覚えるのを止めることはありませんが、無理に覚えさせなくても良いと思います。

では、何をすればいいのか。
次に紹介したいと思います。

おすすめは、落書きをたくさんすること

えっ!!

単なる落書き。

そうなんです。落書きがとてもいいんです。

どうして?と思ったあなたに
その理由を紹介します。

理由1.筆圧が強くなる。

子どもの中には、濃くはっきりとした字を書こうとしても、薄くなってしまう子がいます。どうしてかというと、指先の力が弱いんですね。


でも、そうなるとたくさんの字を書くことは難しくなります。
そのため、練習をしたり宿題をしたりすることが苦手に・・・


なんてならないように、たくさん落書きをして指先を自然に鍛えてあげましょう。

理由2.座って活動することに慣れる。

座って字を書いたり絵を描いたりすることも、意外と体力を使います。


最近は、子どもの姿勢の悪さも問題になっているんですよね。


そこで、楽しく落書きしながら、机上での活動に慣れておくことも必要になります。
なんといっても、小学校では毎日ほぼ机上での活動ですから。

なので、今まであまり座って活動していなかったお子さんは、この時期に少しずつ座っての活動を取り入れてみるのもよいでしょう。

忘れてはならない、鉛筆の持ち方

これは、学校でもさらっと教えることが多いので、ぜひ家庭でしっかりと身につけておく方が良いと思います。

折を見て、悪い習慣がつく前に教えてあげましょう。

いかがでしたか。
これを読んで、新しい小学校生活で、少しでも学ぶ喜びを子ども達が感じてくれると嬉しいです。


最後に、筆圧が強くなるように、落書きはくれぐれもタブレットやパソコンで行うのではなく、紙に鉛筆でしましょうね。

この記事を書いたユーザー

くりかぼちゃ このユーザーの他の記事を見る

転勤族。元小学校教諭で現在2児のママ
子育ての様子をブログにて公開中
http://ameblo.jp/kurikabotya28/

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス