【価値観を押し付けていませんか?】

心からの美しさを手に入れ
輝く未来を叶えるあなたのアドバイザー
clover leaf元お坊さんの心理カウンセラー
心の調律師 末廣 真證です。

誰もが生きてきて一度や二度は必ず人に怒った事や、腹が立ったことはありますよね。「怒り」は誰もが持っている感情です。

人は何故、怒りの感情が湧くのでしょう?

怒りという感情の中にもいくつか種類があります。
バカにされたくない怒り。
傷付けられたくない怒り。
自分を守る為の怒り。
理解してもらえない怒り。
など、たくさんの種類があります。

今回は、人間関係でよくある「理解してもらえない怒り」つまり「価値観の違い」についてお話しさせていただきます。


人はみんなそれぞれの価値観を持っています。その価値観で物事を見るので自分と違ったり理解出来ない場合つい「自分の価値観の測り」の中に相手を入れようとしてしまうのです。

相手にとっては「善」であったとしても、自分にとってはそれが「悪」という場合も多々あります。世界中で起きている戦争やテロも同じです。それぞれが皆「私が正しい」と思って戦っているのです。

では、どうすればその価値観の違いから起こる争い事や怒りを解決できるのでしょうか?

それは相手の歴史的な背景環境人間観理解することです。理解することで、相手の人間性や考え方が見えてきます。

もし意見が違ったりしてもそれは相手の中では正しいことなので、否定せず受け入れ「そういう考えもあるよね。」と、自分と違うことを認めることです。

始めはなかなか相手を受け入れることが出来ないかもしれませんが、慣れてくれば意外とすんなり相手の違う意見さえも受け入れることができます。
さらに相手を受け入れることによって自分自身の成長にもなり、広い視野を持った考え方ができるようになります。

人は否定されると、ますます抵抗したくなるものです。しかし、受け入れてもらう事によって話も思うように進みますし、何よりお互いが気持ちの良い意見交換ができます。

価値観の違いに腹をたてるのではなくまず「相手を理解しようとすること」を忘れないでください。シンプルですがとても大切な事です。

この記事を書いたユーザー

clover leaf 元お坊さんの心理カウンセラー 心の調律師 末廣 真證 このユーザーの他の記事を見る

clover leaf
元お坊さんの心理カウンセラー
心の調律師 末廣 真證です。

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら