やっぱり、キャンプするなら焚火だよね!

出典ぽんたす撮影

やっぱりキャンプに必要なのは、焚火ですよね!
真夏のあっつい日のキャンプより、ちょっと寒い時期の方が人も少なくてオススメなのですが、暖を取るには焚火が必要!

ということで、スノーピークの焚火台をご紹介いたします!

焚火台Lを買ってみた♡

出典ぽんたす撮影

焚火台は、折りたためることが何よりの特徴です。
大きさはS・M・Lとありますが、Lがオススメです!

収納袋がついてました!

出典ぽんたす撮影

一応、付属で収納袋がついていました。
店員さんより注意があり、焚火台以外を一緒に仕舞おうとしないで!やぶれちゃいます!ということでしたので、どうしてもセット収納したい場合は、別途袋を購入したほうがいいかも?

かなり苦戦して収納しました…ちょっと使いづらい。

出典ぽんたす撮影

ただ、この収納袋、とにかく入らない!
ギリギリのサイズの様で、本当に本当に入れづらかったです。

女性でも持てますけれど、意外と重たいです!

出典ぽんたす撮影

女性でも、持てます!
持つことに抵抗ない重さではありますが、重いのは重いので、持ち運びは要注意です。

めっちゃ、重いです。

出典ぽんたす撮影

めっちゃくちゃ重いです!
持ち運びは、本当に注意が必要です!

焚火台の上で焼き肉とかしたい方は、こちらも一緒に!

出典ぽんたす撮影

焚火だけ楽しむ方には必要がないアイテムになります。
こちらは、焚火台の上にセットして、バーベキューなどを楽しんじゃったりできるスグレモノです。

セットしたら、こんな感じ!

出典ぽんたす撮影

あれ?!と思うほど、薪を置く部分がありません…。
一旦セットしたものの、グリルブリッジを外しました。
それから、薪とセットして着火です。

キャンプに行くときに、薪ってどうしていますか?
あまり気にせず「薪」を買っていますか?

着火の際は必ず、スギを使用しましょう。
じゃないといつまでたっても燃えません。
紙や新聞紙を使用するのは、やめたほうがよいです。
いろいろ飛び散ります。
着火剤を上手く使い、薪は折り重なるような形をくみ上げてから火を付けましょう。

ある程度スギに火がついたら、硬い木の薪を投入します。
ナラなどの木は、持ちが良いのでオススメです。

もし、暖をとるために長時間燃やしたい場合は、かなりの量の薪が必要です。
一輪車に2~3杯分かな?と実際に燃やしてみて感じました。
ただ、とりあえず側にいたらあったかかったのでオススメです♡

実際に焚火台を使ってみた!動画です♡

出典 YouTube

スタート直後の映像です。
このスギが、スタートくらいの量です。
全体に火が回ったらどんどんスギを追加してもっと燃やして、硬い薪を入れました。
まだまだ寒い時期ですが、とても暖かく野遊びができましたよ♡

今からの時期だからこそ、オススメのアイテムです♡

▼関連リンク

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら