言葉は時代とともに変化していきますが、物や概念の名前もどんどん変化していきますよね。気が付いたら呼び方が変わっていてビックリ、なんてことも多い今日この頃。


そこで、今回は呼び方が分かれるものを挙げてみました!

「お菓子」派 or 「スイーツ」派

これはよく呼び方が分かれるものですよね。
気が付けばお菓子(デザートと呼ぶ方もいらっしゃいますよね!)がスイーツなんてオシャレな名前に変わっている!と衝撃を受けた記憶があります。2005年頃から女性誌を中心にメディアで広まったようです。

この「スイーツ」という言葉、広まってはいるものの否定派もまだまだいるので、呼び方が分かれるものとしてよく挙げられますね。

「スイーツ男子」という言葉が広まったことで、甘党の男性陣も堂々と甘いものを食べられるようになりましたね。

ちなみに筆者はスイーツ男子と聞くと、的場浩司さんを思い出します。

「プロミスリング」派 or 「ミサンガ」派

プロミスリング/ミサンガは、手首や足首に巻いて、自然に切れる時に願い事がかなうというものです。

筆者はセーラームーン世代なので、セーラームーンに出てきた時の「プロミスリング」の呼び方で覚えていました。今は「ミサンガ」の呼び方が主流ですね。

サッカーが爆発的に広まるのと同時に、有名なJリーガーなどがつけていたことから、ミサンガも大流行しました。強豪国のブラジルでの呼び方が「ミサンガ」だったため、その呼び方が定着したようです。

このプロミスリング/ミサンガ、筆者は三つ編みにただ編むだけだと思っていたのですが、色々なデザインがあるようです。編み方の本も出ていました!

今日は.∴*°☆令嬢☆°*∴.さんにお願いされた、
この文字入りミサンガの
作り方を書いていこうと思います。
画像が小さいのでパソコンから見る事をお勧めします
これは私のやり方なので、編み方が分かったらいろいろやりやすいように変えても大丈夫です。

こちらのブログではなんと、文字入りの編み方を紹介しています!

「ズボン」派 or 「パンツ」派

若い人ほど「パンツ」と言うイメージが強い「ズボン」。
先ほど挙げたスイーツやパンツは、英語圏のsweetやpantsを語源とするようです。筆者は「ズボン」派だったので、中学校で習った英語で「パンツ(ズボンの方)の色は何色ですか?」という文章があり、初めて見た時に「え、パンツ(下着)の色を聞くの!?」と非常にドキドキした記憶があります(笑)

今では「パンツ」が主流ですが、やはり下着を連想してしまうので使いづらいという方もいるようです。使うときはイントネーションが重要ですよね!ちなみに女性用の下着の方のパンツは「ショーツ」が主流となっているようですが、こちらは日本独特の呼び方のようです。

「アウター」「デニム」などなど、ファッション系は呼び方がどんどん変わっていくイメージがあります。

ファッションの呼び方迷子の方も。
筆者もお店で服を勧められる時にたまに呪文にしか聞こえない時があります…

「乳母車」派 or 「ベビーカー」派

もはや今の凄く若い世代には伝わらないのではないかと危惧される「乳母車」という名称。筆者も「ベビーカー」を使いますが、ごくごくたまに「乳母車」がぽろりと口から出てきます…。

しかし、絵本の中でも「うばぐるま」という単語が出てくるので、まだまだ使われることも多いのではないでしょうか。

「絆創膏」派 or ・・・?

けがをした時に傷口に貼る「絆創膏」。

「絆創膏」が傷口に貼る医療用テープを指す総称で、地域によって呼び名が異なるようです。例えば関東・関西圏を中心に呼ばれる「バンドエイド」はジョンソン&ジョンソンの登録商標であるように、その土地で広まった商品名で呼ばれているようです。
この絆創膏の呼び方で出身地が分かると、一時期ツイッターで話題になっていました。

絆創膏だけでなく、「宅急便」がヤマトの商標登録の言葉であったりするように、案外商標登録がその物を指す言葉として定着しているものも多いようです。

いかがでしたか?

好み・世代・地域など色々な違いによって、呼び方が変わってくるのが面白いですよね!

あなたはメジャー派でしたか?それともマイナー派でしたか?

この記事を書いたユーザー

めっこりん このユーザーの他の記事を見る

転勤族の妻で、1児の母。
体験で役立ったことや、おススメ等を紹介していきたいと思います♪

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス