スノーピークの焚火台を使ってみた♡

出典ぽんたす撮影

スノーピークの「焚火台L」と、それに付随して使用できる「グリルブリッジ」「焼きアミ」「グリルプレートハーフ 深型」を使ってみました!

これは、実際に使ってこうしたほうがよかったかも?という部分がありましたので、是非ご覧ください!

箱から出してみました!焼きアミ&グリルプレートハーフ 深型

出典ぽんたす撮影

左側の網がものすごく頑丈なのがお分かりいただけるでしょうか!?
この網の強さ、たくましさというのがさすがスノーピーク!という感じでした。ガシガシ使っても壊れそうにない感が、頼りがいがあります。
右側のグリルプレートハーフ 深型は、使い始めは油を引いてキレイに拭きましょう。鉄鍋同様に、洗剤を使わずに洗ってしっかりと乾かし油を引くことで長持ちします。

では、実際に焚火をしてみましょう!

出典ぽんたす撮影

スギで着火スタートです。
着火剤を使用していますが、すぐに火が付きました。
底上げしている「炭床Pro L」があるおかげか、空気の流れがしっかりと確保できるため立ち消えてしまったということはありませんでした。

いい感じに火がついてきましたね!

出典ぽんたす撮影

ガンガン燃えてくれるので、暖かいです!

ダッチオーブンでスープを作ってみています!

出典ぽんたす撮影

せっかくなので、ダッチオーブンでスープを作りました。
薪の中に突っ込んで作れるよ!と教えてもらったのですが、薪が崩れると傾いてしまうため無理でした…。
また、意外と火力が強いので、あっという間に吹きこぼれてしまい「この距離感」が大切でした!火から遠い感じがしますが、このくらいじゃないと吹きこぼれて中身がなくなっちゃいます!

熾きがいい感じにできてきました!

出典ぽんたす撮影

スギだけなので、あっという間に熾きができました!
燃える速度が全開なので、あっという間に燃えますね!

側にいたら本当にあったかいです!

出典ぽんたす撮影

さて、実際に使ってみた感想です。

1.薪のサイズは40~50センチなので、焚火台はLじゃないと薪が入らない。
2.炭床Pro Lにしたのは失敗。底上げしす過ぎて薪がほとんど置けない。
3.キャンプ用のホームセンターにあるような薪だけじゃ絶対になりない!

火の状況を調整できないため、あっという間に燃えます。
薪の量は、大体ですが、果物を収穫する時のカゴに1杯くらいのスギと、広葉樹の木が更にカゴ1杯ないと2時間持たないです。

この「焚火台を何に使用するか」という目的によって変わりますが、薪だけで焼き肉をしようとすると熾きを作るまで時間が必要です。着火から1時間は必要でしょう。また、それなりの薪の量が必要です。長時間熾きを必要とする場合は、広葉樹で熾きを作らなければ、あっという間になくなってしまいます。

ただの焚火でよければ、その辺の落ちている雑木を拾ってきて燃やすことも可能ですが、乾いていない木を燃やすのは火を消してしまう行為に繋がるため、火力がある状態のときにつっこまないと難しいです。

というわけで…。

焚火台はLを購入し、炭床Pro Mにする!

使ってみた結果、このやり方のほうがオススメだと感じました。
(写真は炭床Pro L使用)
キャンプ場など使用する際は、大量の薪を持っていくことをオススメします。
薪ストーブ用の薪を購入したほうがいいと思います。

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら