カウンターでいただく天婦羅というと高級店のイメージが強く、夜のコースともなると1〜2万円するのは当たり前。この常識を覆すお店が新橋・御成門にオープン。その名も『車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)』車海老2尾を含む夜のコースが3,000円で堪能できるのです。

『車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)』は、高級嗜好品とされる車海老をリーズナブルに日常食化できるように、との思いが込められ今年2月にオープンした天麩羅専門店です。場所は新橋の赤レンガ通り沿いで、新橋駅・御成門駅から歩けます。

揚げたての天麩羅を、1品ずつ丁寧に直接ご提供いたします。 天麩羅で最も重要で高価な品、車海老を原価にて提供しております。 

出典 http://tabelog.com

一束とはサイズのことを表し、"手一束"は手を握ったときの指4本分の幅のことです。江戸時代の天ぷら屋は「手一束」の魚しか使わなかったとも言われ、これが店名の由来になっているそう。

席はカウンター10席のみと小さな店舗ですが、隣の席とも余裕があり、その雰囲気は高級店に負けていません。

数百メートル先の中心街では2倍~8倍が相場のメニューを 喧噪をすこし離れた落ち着いた空間で ゆっくり安心してお楽しみください。

出典 http://tabelog.com

自慢は高級食材"車海老"

優美な姿としっかりとした甘味で最高級の海の幸といわれる車海老。この車海老を2本も含むコースが3,000円でいただけるのには秘密があります。それは、種子島の養殖場からも仕入れているからだそう。原価で提供できるのも納得です。

天麩羅に最適な"サイマキ"を使用

体長によって呼び名が変わる車海老。15〜20㎝以上は「大車(おおぐるま)」、10〜15㎝は「マキ」、10㎝以下は「サイマキ」といい、天麩羅には柔らかくておいしい「サイマキ」が最適といわれています。『車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)』では、この「サイマキ」のみを使用しています。

夜は3,000円のコースのみで勝負

夜のメニューは3,000円のコースのみ。

・お通し小鉢
・サイマキ(車海老)2尾(身と顎足)
・今日の野菜 4品
・今日の魚貝類 1品
・掻揚丼(小)
・味噌汁
・アイスの天麩羅(食後デザート)

気になるコースの一部をご紹介しましょう。

お通し小鉢

最初にお通しの小鉢が2品。お寿司屋の板前さんだった店主が、毎日丁寧に仕込んでいます。

サイマキ(車海老)2尾

まず、頭の部分から出てきます。サクサクの食感と海老の香ばしさがたまりません。抹茶塩と天つゆが用意されているのでお好みで。

身の部分は、車海老ならではの甘味とプリプリ感が楽しめます。薄い衣でカラッと揚げた軽い口当たりです。

今日の野菜 4品

季節を感じられる旬の野菜が4品登場。写真は甘味たっぷりのタマネギです。アスパラガスや舞茸、ヤングコーンやレンコンなどその日によって出てくるものは変わります。

種子島にある車海老の養殖場の周辺に生えるという「海明日葉」。ほんのり口の中に広がる苦味がクセになります。

今日の魚貝類 1品

こちらは白子の天婦羅。魚貝類も、キスなど旬のものが日替わりで登場します。

締めは小さめの掻揚丼

掻揚にも海老をふんだんに使用。このタイミングより早くご飯が食べたい場合は、オーダーすれば快く出してくれます。

車海老の追加オーダは1本150円!

まだお腹に余裕があるようなら、追加で車海老をオーダーをできます。価格は驚きの1本150円! あまりのリーズナブルさに5本、7本と追加する人もいるそう。また、食材しだいでは、車海老以外も追加オーダーもできます。

コースの中で、お気に入り頂けた天麩羅も追加いただけます。(200円~)リーズナブルな価格設定になっていますので、店長にお気軽にお尋ねください。

出典 http://tabelog.com

驚きの価格設定。この値段では信じがたいですが、まぎれもなく車海老。店名に車海老を入れているくらいだから偽装などあるわけもないが、1尾150円の追加メニューは常識はずれのビックリ価格。

出典 http://tabelog.com

もちろんお椀も出されます。こちらの具材も日替わりで変わります。

食後のデザートはアイスの天麩羅

デザートはアイスの天婦羅。デザートまでついているなんて、女性にもうれしいコース内容ですね。

飲み物は瓶ビールや焼酎、日本酒などがありますが、ビール以外はボトルになります。飲みきれなかったボトルはキープも持ち帰りもできるので、あまりお酒を飲まない方も安心。また、ワインなどは持ち込みもOKです(持ち込み料1500円)。

夜は予約を入れるのが安心

2月にオープンしたばかりですが、すでに口コミが広がり人気なので、夜は予約をしたほうが確実です。また、お昼にもお得なランチコースがあるので、新橋・御成門近くにお出かけの際は行ってみてはいかがでしょう。

『車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)』
住所:東京都港区新橋5-5-51F
電話:03-6721-5945
営業時間:[平日]11:30~13:30、17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日:土・日・祝

【メニュー】
夜:おまかせコースのみ 3,000円(消費税別)
昼:おまかせ定食のみ 1,200円(ランチタイムは税込み)

店主が一人で切り盛りしていて一品一品がゆっくり出てくるので、ゆったり食事ができるのも魅力です。大切な人との食事やお客様との会食、会社の上司や部下なども誘える、落ち着いた雰囲気の天婦羅専門店にぜひ一度足を運んでみませんか?

この記事を書いたユーザー

まんぼう このユーザーの他の記事を見る

女性誌の編集者を8年経験後、ライターに転身。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス